犬の下痢の改善方法や考え方については犬が下痢をする原因で解説していますが、
実際に愛犬の下痢を改善していく上で大切なことがあります。

それは、犬の下痢が改善した後、安定期に入ったのち二度と下痢を繰り返さないように予防の継続を行っていくことです。
犬 下痢で多くのご相談を頂く中で、お腹の調子が安定した後、下痢を再発させていない飼い主様に共通しているのは、適切な量の食事と腸内環境の健全維持に取り組まれているということ、そして常に腸を温めていることが挙げられます。

ある3年半ほどのお付き合いをさせていただいている方から当時を振り返って次のようなコメントを頂きました。

めてウチの犬が下痢をしてからの三ヶ月ほどは、様々なお薬やフードを試したり、病院をいくつか変えたりしていたのですが、黒い便、水下痢、軟便、普通便、下痢といった感じに治ったのか悪化しているのか分からない状態を何度も繰り返していました。

大きな病気にならなかったのが、今考えれば幸いだったと思います。その後、ナノ・ワンに出会って、あの苦労が嘘みたいでした。

坂田さんから腸内リセットレシピをもらって、教えて頂いた通り下痢や便の状態に合わせて食事の水分やナノ・ワンの量を調整し、一気に改善したということはありませんでしたが、初めはほぼ水のような下痢だったものが、カタチを成していき、その後、下痢というより軟便となり、お尻のまわりの毛の汚れも少なくなって、腰の悪い私としては、犬の下痢が治るのと同時に腰も楽になってとても助かりました。

こういった苦労を体験していたので、あの下痢の苦労をもう二度とウチのコに繰り返させたくありませんし、私の腰のことを考えれば尚のこと、もう下痢はさせたくありませんので、今は継続プログラムに支えて頂いています。

この方の場合は安定するまでに2週間ほどかかりました。ただ、全ての犬の下痢がサプリメントで改善するとは限りません。

犬の年齢や状況によっては手遅れになった犬もいます。
下痢は病気ではなく症状と言われますが、あくまでも私のこれまでの経験ですが、悪性腫瘍や癌に匹敵する大病だと捉えています。
だからこそ、何よりも始めに実践いただいていますのが、「腸内の温め」すなわち腸内リセットなのです。

犬が下痢をする原因でもお伝えしておりますが、下痢は止めていけないと考えています。

薬で下痢を止めるのはとても簡単なことですが、下痢の度に薬で止めると腸内を冷やし、下痢を繰り返す体質になってしまうんです。

犬の下痢で悩む飼主さんからのほとんどの方が今まで何度も薬で犬の下痢を止めてきたとお話されます。
そしていつの間にか同じ薬を与えても全く効果がなく、中には次第にお医者様から薬の量を増やされたり抗生物質を投与する頻度を増やすようにいわれるなどと悩まれていらっしゃいます。

犬 下痢の改善は、その犬自体が持つ治癒力で改善させなければなりません。

その治癒力を引き出す為のナノワン・リセットだと考えています。
なぜ、このようなことがいえるかと言うと、ナノワン・リセットは腸内をいつも温め、腸内環境の改善とその維持向上を目指した、犬専用のサプリメントだからです。

腸内環境が健全なら、下痢も改善されていくことも様々な角度から発表されていますし、これは人間も犬も同じ事なのです。ただ、腸内環境を整えるメカニズムが犬と人間では若干異なりますので、犬用のサプリメントとして薬学博士と共同研究しナノワン・リセットを開発しました。

下痢の改善時とその後の腸内環境を健全に保つための予防と言いますか、その維持にしても微妙に異なりますので、各種犬の便と健康状態によって調合を変えることもできるようになり、維持プログラムというものを開発することができました。

犬の下痢は、一日も早く改善させてあげることは、大切と思いますが、それ以上に犬も人間同様に健康に過ごすために日頃から健康への心がけが重要だと思います。
そして、その際に愛犬の健康維持にナノワン・リセットを選んで頂ければ嬉しく思います。