健康だと思っていた真っ黒い便、ミックス犬の体験談

神奈川県 山田様 ミニチュアシュナウザー8ヶ月 メス/ロッキーちゃん ミックス犬 2歳 オス

 

ラクト・ラボ 坂田様

この度は、ロッキーとココが大変お世話になりました。また、いつもLINEで相談にのって頂き、突然の悲しい出来事も和らいできたように思います。

IMG_1503-0

ず初めに、ナノワン体験談を投稿していただいた飼い主の皆様に心から感謝いたします。

皆さんの体験がどれだけ心が折れる私を勇気づけてくれたかわかりません。そして、坂田さん、本当に親身に家族のように接して頂き感謝いたします。

私には、二匹の愛犬がいます。先住犬のわんぱく娘のミックス犬ココ2歳と家族になったばかりの食欲旺盛なミニチュアシュナウザー、ロッキー8ヶ月です。

私がナノワンを知ったのは新しく家族になったロッキーの体調不良の時でした。ネットで拝見し皆さんの体験談を読ませていただき、●●(薬事法により表現出来ません)めることで根本的な改善が出来る事を知り、元々持病を持っているロッキーに薬を使わず助けてあげられるかも知れないと思い購入しました。

ッキーはペットショップで長い時間を過ごし、その間に色々な抗生物質を投与され、8か月のミニチュアシュナウザーでしたが体重は4.7kgしかありませんでした。また、ケンネルコフを罹ったりしてストレスで下痢になると言われたのですが家族で話し合い引き取って家族に迎えることにしました。ところが、帰宅した日に下痢。1週間様子をみましたが全く変わらない状態が続きました。

査したところ肝臓の数値や白血球の値が高いとのこと。 1週間入院して毎日抗生剤の注射を朝晩し、その後の血液検査で値が下がったので帰宅しました。帰宅しても軟便や下痢なんです。ショップに電話をしても「大丈夫」と言われましたが、心配のあまりもう一度ショップに預け回復をと祈りましたが、元々の持病や見つけられなかった寄生虫で家族となって2か月足らずで天国に走って行きました。十分にナノワンを与えることも出来ずもう少し早く知りたかったと思うばかりでした。

IMG_1506-0

ロッキーを助けてあげられなかった無念もありましたが、家には先住犬のココがいます。ロッキーの為に頼んだナノワンをココにも食べさせ、本当に体調が変わるのか確かめたいと思いました。ココはミックスの女の子、生後2か月で九州から飛行機に乗り私の住んでいる関東のショップへ。その2日後に私が家族として迎えました。ショップからは「この仔はあまり食欲がないから大きくならないかも」と言われ自宅に連れ帰ったらとてもよく食べいたずらが大好きな仔でした。

い時に親や兄弟と離されたストレスだったのだろうと思い、家族で新しい子供でも授かったときの様に大事に育てました。獣医からは「わがままココちゃん」と言われるくらいわがままな娘です。そんなココも成犬に近づきだすとフードを食べなくなり、わがまま娘なので私もあれやこれやとトッピングしたり、フードを変えたりと手を焼いていました。そんな中でのロッキーとの出会い。ココなりに我が家のルールを教えていました。ロッキーはとても食いしん坊な仔だったのでココが残したフードを食べてしまう程。

すがのココも頑張って残さず食べていました。ロッキーが亡くなり、ふとココの便を見ると坂田さんのHPに載せられた皆さんの体験談とは程遠い便をしていることに気づき、そこからココのナノワン生活が始まりました。

ココは、特に体調不良もなく、ナノワンはロッキーだけに食べさせていたので、自分には出てこなかったナノワンに大喜びでとても良く●●(薬事法により表現出来ません)くれました。そんな光景はココが家族になったとき以来、見ていなかったと思います。ココはまだ若いので腸の●●(薬事法により表現出来ません)には時間がそんなにかからないと思うとおっしゃった坂田さんのお言葉通り、ココの便は2か月位で真黒い便から●●(薬事法により表現出来ません)便へと変わりました。途中の経過の時にはその度にお電話を頂き、ココのいたずらやわがままをお話していました。ナノワンを食べ始めてからいたずらが減ったように思っていましたが、ここは天性の性格、先日もすだれをバリバリに壊していました。

●●(薬事法により効果を思わせる写真は掲載出来ません)

田さんに送る便の写真には「これは何を?」と初めはよく質問されましたが、2週間に1度は輪ゴムを食べています。特に与えた覚えはないんですがね。●●(薬事法により表現出来ません)と自立神経も●●(薬事法により表現出来ません)するという坂田さんのお言葉通り、輪ゴムは食べるけど少しわがままも●●(薬事法により表現出来ません)してきたココ、いたずらでもいいから元気に長い時間を我が家で過ごしてほしいです。そして、ココの健康を見守るきっかけとなったロッキーのことも私たち家族は忘れません。

 

ロッキーの病気でナノワンを知り、ロッキーが身をもってココの健康を教えてくれたように思います。今回、坂田さんに出会い色んなお話をしていただいたことで、これからのココの健康への不安がなくなりました。これからもココの健康相談はもちろん、ココのいたずら話も聞いてくださいね。これからもナノワンと共にココの健康を守っていきます。
本当にありがとうございました。

山田ロッキー・ココ

IMG_1504-01