が食べたものを吐いたり、吐き出しているのを目にすることがあります。目の前で嘔吐していれば、病気を疑って心配するでしょうが、犬に早々に吐き気止めを与えたりするのは、ちょっと待ってみませんか。

犬が嘔吐しているのは、それなりの原因があるわけで、吐き気を止めることだけを考えても、一時的な吐き気止めにしかならないと思います

まず、胃に届いた物を吐いているのか、胃液も混ざったような吐しゃ物なのか、それとも、口にしてすぐに吐き出しているのか、そういった吐しゃ物の状態や、吐いている時の様子を見て、吐き気止めが必要なのかどうかを考えることが大事でしょう。

単に吐き気止めを与えてしまっては、吐き気が起こっている原因が突き止められなくなる場合もありますので、しっかりと犬の症状を観察して、慎重に吐き気止めを与える方がいいのではないかと思います。

吐き気が起こっている場合、多くは胃腸の炎症、あるいは胃腸の働きが悪いことが原因になっていることが多いものです。または、何かの病気で犬に薬を与えたり注射をした後にも、胃腸の調子が悪くなることもあり、吐き気が起こった時のために、吐き気止めも一緒に処方されることがあるかもしれません。

けれども、吐き気止めも含めて、薬は胃や腸への負担が結構大きいものです。そんな時は、慌てて吐き気止めを与えるのではなく、お腹を温め胃腸の状態を改善するやさしい食事を与えて、様子を見ることをお勧めします

社にも、まさに優しい食事として、お勧めしたいサプリがあります。

それは、これまでも多くの犬の体調回復に役立ってきた「ナノワン・リセット」です。「ナノワン・リセット」は、トロトロのおじやの状態で食べることができる犬専用のサプリです。犬のお腹を温め、免疫力をUPさせ、腸内の乳酸菌が増える環境を作ります。

ゆっくりでもいいので、犬にとって優しい食事を与えて、腸の環境が回復すれば、吐き気止めも必要なくなるかもしれません。