質問拾い食い癖のあるフレンチブルドッグが下痢をします。

1歳になるフレンチブルドッグですが、拾い食いの癖があり困っています。

家で床に落ちた食べ物はもちろん、散歩中に落ちているお菓子や道端の草、

木の実なども食べてしまいます。

 

そのため、たびたび食あたりによる下痢をしてしまいます。

拾い食いの癖も気がかりなのですが、下痢になりやすい体質なのも気になります。

 アドバイス拾い食いはすぐにやめさせましょう。

フレンチブルドッグは好奇心旺盛な性格のため拾い食いをしやすいのですが、

飼い主の方からすると困ったものですよね。

 

拾い食いの危険性は、腐っていたり不衛生な食べ物を食べたりして、下痢をすることだけではありません。

この状態が続くと腸内で腐敗を起こし、自律神経のバランスも崩れるため無意識に何でも食べる様になっ

てしまうこともあり、他の病気へとつながりかねません。

 

更に、拾い食いする食べ物の多くは人間の食べ物ですので、フレンチブルドックからすると塩分が多く味

も濃いため、腎臓などの内臓に負担を与えるだけでなく、人間の食べ物の味を覚えてしまいドッグフード

の味を嫌って食べなくなることもあります。

 

そのため、拾い食いの癖を直すためには、エサ入れの皿から落ちたドッグフードであっても、

絶対に食べさせないようにすることです。

「食べてよいのはエサ入れの皿の中の物だけ。」と覚えるまでは、手渡しでドッグフードやおやつ

などもあげないようにしましょう。

 

もちろん、散歩中も拾い食いをしないように注意するのはもちろん、あまりにもひどい場合は、

口輪の使用も考えたほうが良いかもしれません。

 

また、拾い食いの癖のあるフレンチブルドッグだと、雑食に近い食事になるため先ほども言いました様に、

腸内環境が悪くなっていき、下痢になりやすくなっているかもしれません。
この様な場合は、しっかり根本的に、腸を温めて腸の活動をよくすると下痢が改善すると共に、

自律神経のバランスも安定しますので、無意識に拾い食いをすることが無くなってきます。

 

日頃から腸を温める犬専用のサプリメントを食生活に取り入れると良いでしょう。