犬の下痢を改善するには、正しい犬の便の状態をしっかり把握することが大切です。

便は、腸の状態を表すバロメータとなり、改善方法を間違ってしまうと

更に下痢を繰り返すことになります。

 

犬の下痢の改善は、今後の健康に最も影響しますので

しっかり根本的に改善することがとても大切になります。

 

臭いは、少し酸っぱい臭いが良いです。これは、腸内で善玉菌が優勢であることを示します。

問題は、形です。多くの方が「下痢でなく固ければ良い」と思われていますが、

実は、「のある便であることがとても大切です。

 

便の形は、腸をあらわし、腸は、蛇腹(掃除機のホース)のような形をしています。

腸の形に似た便が健康体で栄養、水分をしっかり吸収し、

各臓器に必要な栄養が必要な分だけ運ばれていることを表します。

 

一本状(バナナ)の節のない便」はまさしく腸の状態をあらわしますので、

腸壁に薬の毒素や老廃物が腸の溝にたまりしっかりと蠕動運動がされていないため

一本状の便になります。

 

このような便は、一見、健康な便に見えますが、栄養、水分をしっかり吸収できないため、

やがて健康トラブルの原因となります。

 

 

一本状の便は、毎日与えるドライフードが愛犬の大腸の働きを奪っている

ことも考えられます。

 

ドライフードの原料によっては(ここでは申しません)、

水分を吸収するものが配合されている場合があります。

一度、ドライフードを水につけてみられると良いでしょう。

 

このようなドライフードを長年与え続けることで、

大腸の仕事のひとつでもある「水分の吸収」能力が低下してしまいます。

それは、大腸の仕事をドライフードが代わりに行っているからです。

 

 

実は、このドライフードが飼主の目を欺き負のスパイラルへと引き込んでいくのです。

どういうことかと申しますと、このようなフードを与え続けていくと、食欲不振や何ら

かの症状や病状が出て来た時にフードの見直しをする飼主さんが殆どですが、

 

その際、良いドライフードに出会っても下痢を起こしてしまい「これはうちの子には合わない」

と判断し、粗悪なドライフード又は、今までのドライフードに戻ってしまうのです。

 

 

問題は、良いドライフードに出会ったのになぜ下痢を起こしてしまうのか?

それは、先ほども触れましたが、大腸の水分吸収するという働きを長年ドライフードが

代わりに行っていたため、大腸自体の働きが低下しているため、

良いドライフードを与えると自身の大腸で水分を吸収しなければなりません、

 

ですが、大腸機能が低下しているため、思うように水分を吸収できないことで

下痢となってしまうのです。

 

この様な場合は、

腸を温める食事を与え腸機能を回復させてあげるだけで解決するのですが・・・・・

 

ここに気づかなければ、ドライフード渡り鳥となり、「食べてくれれば安心」

「下痢でなければ安心」を求め、始めは、愛犬の為だったのが、いつしか飼主自身

の安心を求めているだけになってしまいます。

 

 

その結果、薬が効かない、食欲がない、下痢が止まらない、という事態が起こり、

病院からも見放され、酷い場合は、大学病院を転々とさせられ多額の費用をかけたあげく、

余命宣告されてしまう。

 

これは、実際に連日、藁をもつかむ思いでご連絡をいただく飼主様からお聞きしたことなのです。

藁をもつかむ思いでご連絡くださる飼主さんに共通していることは「知らなかった

ということです。

 

誰も教えてくれないのです。誰に相談していいのかわからないのです。

上記でお話ししたことも全て「知らなかった」ことにあるのです。

 

私は、愛犬に元気で長生きしてもらい、病院のお世話になることなく、最後は私の

腕の中で眠るが如くの老衰を目的として日々愛犬と関わっています。

犬の健康はとてもシンプルでとても簡単です。

 

愛犬の健康の行方は「知るか知らないか」「相談者がいるかいないか

で大きく変わってきます。

 

 

愛犬の健康維持の極意

愛犬の健康、症状、病状の回復改善は、全て「愛犬自身に任せること」。

 

私達、飼主がすることは、愛犬が自分の力で健康維持、症状や病状を回復すること

ができるように「冷えない腸内環境を作ってあげる」ことだけなのです。

 

その環境作りの基本が「腸の温め」なのです。

 

今、愛犬の症状や病状でお悩みの飼主さん!愛犬の年齢は関係ありません、

いくら病院から見放されても、いくら余命宣告されても、

最後の最後まであきらめないでください。

 

可能性は0ではありません。「知るか知らないか」ただ、それだけです。