犬に抗生物質やステロイドを飲ませると、細菌だけでなく善玉菌も攻撃され、

更に急激に腸が冷やされてしまうので、体内の善玉菌が減ってしまいます。

そして攻撃された善玉菌は老廃物として腸内に蓄積されていきます。

 

実は、この腸内に蓄積されていく老廃物が後々あらゆる病気へと導いていくのです。

 

 

抗生物質を犬に飲ませる場合は、

 

腸を温めると同時に乳酸菌生産物質を与えて善玉菌の活動を促してあげましょう。

犬が病気になった時、抗生物質を処方されることがあります。

他の薬とは違う性質を持っているので、薬についての理解を深めた上で、

最適な方法で薬を飲ませてあげましょう。

 

 

抗生物質が他の薬と違う点

 

抗生物質は、ウイルスや細菌が増殖するのを防ぐ働きがあります。

病院で処方された場合、飲ませっぱなしはいけません!

強い除菌作用によって、体内の善玉菌も弱ってしまうからです。

 

抗生物質は、自分が敵だとみなした物質が細胞分裂する力を弱らせます。

その結果、本来なら攻撃の対象ではない善玉菌まで餌食となって免疫力

が低下してしまうのです。

 

 

腸を温めると同時に乳酸菌生産物質を与えて善玉菌を増やしながら薬に負けない体を作る

 

犬の病気を治したい抗生物質を飲ませる腸が冷える善玉菌が減って免疫力が衰える

 

という悪循環を断つのに効果的なのは、腸を温めると同時に乳酸菌生産物質を愛犬に飲ませてあ

げることです。

 

乳酸菌生産物質は腸が温まることで増える善玉菌のエサとなります。

なので抗生物質を飲んでも免疫力を落とさずにいられます。

 

 

犬にステロイド系の薬を飲ませている場合も同じように免疫力の強化と維持に

注意を払いましょう。

 

ステロイドは、自己免疫の暴走を防いで体の異常反応を抑える薬なので、

劇的に効き目がある半面、正常な免疫力まで低下してしまいます。

 

犬にステロイド系の薬を飲ませながら健康を維持するには、

抗生物質と同様に、腸を温めると同時に乳酸菌生産物質を与えることがとても有効です。

 

愛犬の今後の健康にお役立てください。