一日9回、止まらない血便からの回復。フレンチブルドッグの体験

福岡県 森田様 フレンチブルドッグ 小鉄ちゃん オス 1歳

坂田様

この度は、大変お世話になりました。小鉄が健康になって1歳の誕生日を迎えることができ嬉しい限りです。本当にありがとうございました。

kotetsu002
年の4月に2ヶ月になったばかりの小鉄を家族に迎えました。私達にとっては5匹目となる愛犬で、今までのワンちゃん達のように順調に育つものばかり思い楽しいドッグライフを想像しておりました。

5月の中旬、2回目のワクチン接種をした2、3日後に水下痢・血便となりました。腸炎と診断されて抗生剤と下痢止めがでました。薬で水下痢はすぐ止まりましたがそれ以後、ウンチは形はあるもののティッシュでは掴めない軟便になりました。そしてしぶり便をするようになり頻便となりました。

だ3ヶ月の子犬だから仕方ない、成長とともにウンチの回数も減りしっかりとしたウンチをするだろうとその時は思っておりました。でも時々ウンチの表面に血が付いたり粘血便が出るようになって病院通いが始まりました。

病院では毛艶が良く、日ごと体重が増えているので深刻な病気だと思われず「犬の血便はよくあるから心配ないよ。アレルギーがあるか、消化器官が弱い子かな」と言われました。

私は、ドッグフードをネットで調べ、「これは!」と思うものを見つけては慎重に時間をかけて替えたり、食餌回数を増やしたりドライフードをふやかしたり、犬用のビオフェルミンを飲ませたりと考えつくことをしましたが全然よくなりませんでした。

月になっても血便が続くので、重い病気で手遅れになってはと不安を感じて病院を替えました。次の病院でも便検査で大腸炎と診断され抗菌剤・潰瘍性大腸炎の薬・下痢止め・整腸剤がでました。そして食餌は療法食になりました。

血便が毎日でているのですが嘔吐・熱はなく水下痢でもなく食欲があり体重も増え毛艶が良く、見ため元気がある小鉄は緊急性のない大腸炎と診断され、身体に負担のかかる内視鏡検査は薬と療法食でしばらく様子をみてからということになりました。

療法食でウンチは固まりましたが血便・しぶり便は治りません。でも時々、何が原因なのかわからず水下痢になり出血が激しくなる日もありました。便細菌検査や超音波・血液検査・アレルギー検査・お腹のリンパ腺が大きくなっていた時は、細胞診検査もしましたが特に以上はみつかりませんでした。

便がはじまってから小鉄のウンチの記録をつけました。排便時間・回数・硬さ・出血の状態・食餌量・食欲・元気の有無を毎日つけました。言葉だけではわからないので写真も撮ることにしました。
kotetsu005-090

一日の排便回数が多い時で8~9回(夜中に2回・朝・食餌後・昼12時前後・15時頃・夕方の散歩時・夜の食餌後)もあり、一回の排便で何回もしぶり便をします。散歩では特に酷く3回以上ウンチをして最後は粘血だけが出るしぶり便を繰り返します。小鉄と散歩に行くことが辛くて臆病になりました。

表面に血が付いた鉛筆のような細い軟便、そしてポタポタと垂れる粘血、お尻をティッシュで拭くと血が付く状態です。血の海になるほどひどい出血でもコールタールやイチゴジャムのような血便ではないけれど血便がでる度に不安で心配で辛い・・・泣きたくなる暗い気持ちになるのです。

トレスが原因で血便になるという書き込みをネットで読んで、私は留守番が小鉄のストレスになっているのではと考え外出を控えました。夜中に何度も起きるのでいつも睡眠不足、そして何度もする血便に気を揉みながら不安な気持ちで一日を過ごす毎日です。快方の兆しもない毎日に、私自身が精神的に追いつ詰められていきました。

食いしん坊の小鉄も何故か9月に入ると療法食を残すようになりました。薬も今まではごまかして飲ませることができたのですが、吐き出してしまいます。夏バテでしょうか、少し元気がなように見える日も増えてきました。

血便でも食欲や元気があって薬も飲んでくれていたのが唯一の救いだったのですが心配の種が増えて途方にくれました。小鉄に血便が始まった頃からずっとネットで「子犬・頻便・血便」と検索して小鉄と同じような症状のわんちゃんがいないだろうか?原因は?病名は何なのか?完治した話はないだろうか?等々・・・と毎日、時間があれば明けても暮れてもパソコンで情報を探していました。

ノワンのホームページも早くにみつけ体験談などは何度も何度も読みました。「血便が良くなった」と書いてある言葉に惹かれてはいたけれど「本当かな?」と半信半疑でした。でも10月に入ってすぐ藁をも掴む思いでナノワン100gをネットで注文しました。

すぐ元気な声の坂田様から電話がありました。今までの小鉄の血便の話をして、ウンチの写真を送って診ていただきました。ウンチをいっぱい診てこられた坂田様に「大丈夫ですよ。悪い血便ではありません」と言われた時は本当に安心しました。

食欲がないように見えた小鉄はナノワンおじやをペロリと喜んで食べました。それからはウンチの状態は良くなったと思えば元に戻ったりとジェットコースターのように一喜一憂の連続でした。

その都度、坂田様にメールで写真を送り指導していただきました。「最初は体重が減るかもしれません」と坂田様に言われていましたが、体重が減った時は心配になり食餌量や具材のことを相談しました。「弱っている腸に無理に与えても栄養は吸収しきらないので量も具材も今のままで良いです」私は、「なるほど・・・」と納得しました。

た、「腸が栄養を吸収できるようになったら後ろ足の筋肉がついてきますよ」本当にしばらくして後ろ足がガッチリしてきました。「ウンチを診ながら指導しますから安心してください。小鉄くんの力を信じて見守っていきましょう」と力強く言ってくださいました。

血便のことはもちろんですが、毎月飲ませるフィラリア予防薬のことや皮膚炎になった時、病院で投与される薬のこと等々・・・わからないことをいっぱい質問しましたが、丁寧に教えていただきました。

便の回数が減り、健康なウンチになり、血がでなくなるのに2ヶ月ほどかかりました。長く辛い2ヶ月間を乗り越えることができたのは、坂田様に不安でくじけそうになった時、すぐにウンチを診てもらい状態を説明してもらって安心をいただいたからだと思います。

image-kotetsu_edited-2

鉄の血便が良くなったのはナノワンのおかげはもちろんですが、一番良かったことは坂田様にいろいろと相談できて不安に落ち込む度に支えられて、結果がでるまでナノワンを続けることができたことではないかと思います。

ナノワンは薬ではないから即症状が止まるわけではなく、もっている治癒力をひきだすものだからある程度の時間がかかります。だから「見守りましょう」ですネ!見守ることができずに途中でやめていたら・・・・・

9月に9.3kgで止まっていた体重が10月ナノワン開始時9kg以下に痩せましたが、腸の調子が少しづつ良くなるとともに体重が増えました。今年の正月には11kgほどに大きく成長し筋骨たくましくまりました。

在、排便回数は2回となり健康なウンチがでています。「ご飯だよ」とお茶碗を見せると飛んで来て食べ終わるとお茶碗をきれいに舐めまくります。いつも美味しそうに食べる小鉄の様子が嬉しくて幸せな気持ちになります。やっと最近、小鉄とのドッグライフを楽しむことができるようになりました。

記録を付けていてわかったのですが、小鉄はフィラリア予防薬を飲んだあと下痢・出血がひどくなっていたように思います。坂田様がおっしゃっていたように腸に負担をかけていたのですね!今年もワクチン接種・狂犬病予防注射・フャラリア予防薬と負担のかかることが待っています。でも小鉄の腸はナノワンの力を借りてこれからのマイナスを乗り越えることがきっとできると信じています。

森田 小鉄

kotetsu003
 
※ラクト・ラボでは決して強引な営業・しつこい勧誘など行いませんのでご安心ください。
今すぐ電話をかけて相談する