アルブミン1.3蛋白漏出性腸炎から回復したトイプーの体験談。

神奈川県 安田様 トイプードル ぶらんちゃん オス 10歳
ラクトラボ 坂田様

いつもお世話になっております。ナノワンと坂田さんのおかげで今日もぶらんは元気です!ぶらんの蛋白漏出性腸炎で苦しんでいるわんちゃんや飼い主様のお役に少しでも立つかもと思い、お手紙を書かせて頂きます。

buran01
年の11月に何も治療をしなければ余命3週間と言われて、「えっ!何?」「嘘でしょ!」「なんで?」と余命宣告を受けた時は、頭が真っ白になり、病院の先生に、泣きながら、「先生ぶらんを助けて下さい」って言っていました。ぶらんは、その時9歳で、毎年年に1回は血液検査をしていましたが、7歳になってからは年に3回血液検査をしていました。

去年も2回目までは異常なしだったのに、3回目の血液検査で、アルブミンの数値が1.3総蛋白が2.9というとても低い数値でした。原因は分かりませんが、蛋白が腸内から漏れ出しているか吸収出来てない状態で、蛋白漏出性腸炎という症状との事でした。

の時、下痢をしている訳でもなく、酷い嘔吐をしている訳でもなかったので、何かの間違いなんじゃないかと思いました。ですが、すぐに治療を開始しないと間に合わないと、病院の先生に言われ、どんな治療を行っていくかの説明を受けました。

投薬治療を行うということで、まずはステロイド剤を毎日朝と晩の2回。そして免疫抑制剤を朝晩2回飲ませて下さいと言われました。先生は、本来は強い薬なのであまり使いたくないのですが、ぶらんちゃんの場合、弱い薬では間に合わないかもしれないのでと言われ、数値が安定してきたら、徐々に弱い薬に切り替えていきましょうと言われました。

して、食事は全て病院食に変えて、高蛋白低脂肪のフードにして下さいとのことでした。言われるまま、ドライと缶詰のタイプのフードを買って、その日からすぐに薬と病院食に切り替えました。

すると、翌日から急に食欲が落ちて、ほとんど何も食べてくれなくなり、病院に電話して、「ご飯を食べてくれないのですが、どうしたらいいでしょう?」と聞くと、少量を回数を分けて食べさせて下さいと言われ、それでもなかなか食べてくれず、また病院に聞くと、低脂肪のヤギミルクや鶏のササミなどをあげてみて下さいと言われ、少しは食べるのですが、必要な摂取量には全然届かず、最後は無理やり口の中に押し込んで食べさせていました。

こんな状態がいったいいつまで続くんだろう?このままではぶらんが本当に死んじゃう。本来食事って楽しいはずなのに、私もぶらんも全然楽しくありません。とにかく、この病気の事を調べてみようと、毎晩インターネットで病気の事を調べて、同じ病気のわんちゃんのブログを読み漁り、亡くなってしまったわんちゃん達のブログを読みながら、涙がボロボロと溢れて、なんとかしてぶらんを助けたい!その一心でネット上の情報を集めました。

して、アルブミン1.8から改善したという体験を見つけたんです。それがナノワンとの出会いだったんです。ネット上には怪しい業者はたくさんいます。だから、最初はこの情報を信じていいのか?と思いましたが、悩んでいる時間がもったいないと思い、まずは代表者の話を聞いてみようと、思い切って電話をかけてみました。

buran02

もし、この時、「このサプリを飲めば病気は絶対治りますよ」なんて言われたら、止めておこうと思いました。ですが、坂田さんはこう言われました。「このサプリは病気を治すサプリではありません。わんちゃんの腸内環境を整えて、わんちゃん自身が持っている治癒力を最大限に引き出してくれるサプリです」そして薬が物凄く怖いという話等々・・・。

の時、ステロイド剤をぶらんに飲ませてまだ4日目だったので、今ならまだ引き返せると思いました。このままステロイド剤を飲ませ続けたら、止めたいと思っても簡単に薬を切れなくなってしまう。そして薬漬けになって、死んでいく・・・という状況が頭に浮かびました。

病院の先生に相談したら、絶対にダメって言われると思ったので、私の判断で5日目で薬を全て止めました。そしてすぐにナノワンのお試しを購入してみました。まずはぶらんが食べてくれなければ意味が無いので・・・。ナノワンが到着するのがとても待ちどおしかったです。

いてすぐに、トロトロスープを作ってみました。作り方の説明書も写真付で入っていて、とても分かりやすかったです。早速ぶらんにあげてみたら、ペロペロと舐めて飲んでくれました。そして、トロトロおじやもしっかりと食べてくれました!野菜の種類・グラム数・野菜を何㎝位で切るか、などとても丁寧に坂田さんが教えてくれました。

4日間ほとんど何も食べてくれなかったぶらんが、美味しそうにトロトロおじやを私の手から、ガツガツ食べている姿を見た時の嬉しかった事。もう涙が止まりませんでした。ご飯を食べてくれる事がこんなにも嬉しいなんて、こんな気持ちになるなんて今まで想像もしませんでした。

そして、1週間ナノワン入りのトロトロおじやを食べて、病院で血液検査をしたら、なんとアルブミンの数値が1.3から2.4まで上がってたんです!薬は最初の4日間だけでその後一切飲んでいないのに!何も治療をしなければ、余命3週間って言われたのに、何も薬を飲んでないのに、数値が上がったんです!もう飛び上がりたくなる位嬉しかったです!そこで、病院の先生にお薬の量を半分に減らしてもいいですか?って聞いてみたら、すぐに「ダメダメ、勝手に薬減らしたりしたら、またすぐに数値下がっちゃうから」って言われたんです。そこで「実は薬飲んでないんです」って言えませんでした・・・。

して、飲まない薬をもらって帰ってきたんですが、その時に病院を変える決心をしました。ぶらんが2ヶ月の時からお世話になっていた病院だったので、変えるというのは少し不安がありましたが、今の手作り食とサプリでなんとか病気を改善したかったので、その事を理解して下さる先生の所にお世話になりたいと思い、色々と探して、ここはいいかな?と思う病院に行ってみました。

とりあえず、先入観とか持ってもらいたくなかったので、ぶらんの病気の事は伏せて、健康診断をお願いしますという事で血液検査をしてもらったんです。検査結果は、アルブミン2.8 総蛋白6.4で、正常値です!!余命3週間と言われたのが11月9日、そして12月1日にこの結果です!

buran011改善期間はその子の状態によって変動します。

の後、病気の事はすぐに先生にお話しして、手作り食とサプリで改善していきたいという話をしたら、先生は理解して下さり、ぶらんちゃんには手作り食とサプリがあったんですねって、それではこのまま様子を見ていきましょうって言って下さったんです。それにしても、よくここまでコントロールされましたねぇ~普通ではありえないですって、先生も驚いていました。

病院の先生方は、医学知識はありますが、習った事経験した事しか知りませんし、その方法が正しいと思って、治療して下さいます。でもそれだけが全てではないんだと、先生でも知らない情報があるんだと、今回の事でよく分かりました。あのまま、病院の先生の言うとおりにしていたら、ぶらんはどうなっていたんだろうと考えると、本当に恐ろしいです。自分で調べることの大切さを本当に痛感しました。

在、ぶらんは無事に10歳を迎え、余命3週間と言われたのに、もう8ヶ月以上薬も飲まずに元気に暮らしています。もともと甘えん坊だった子ですが、病気をしてから、さらに甘えん坊になってしまいました・・・。でもそんなぶらんが愛おしくて仕方ありません。これからもナノワンでもっとっもっと健康になって、目指せ20歳!です。

ナノワンと坂田さんに出会わなかったら、今頃ぶらんは生きてなかったかもしれません。本当に、ナノワンと坂田さんに感謝です!

これからも、ぶらんと私をどうぞよろしくお願いします。

安田 ぶらん

buran03
 
※ラクト・ラボは強引な営業・しつこい勧誘は致しません。安心してご相談ください♩
今すぐ電話をかけて相談する