老犬の便秘はビオフェルミンを与えるタイミングが重要!

老犬の便秘にビオフェルミンは効果はないのか?

 
15歳になる老犬が頻繁に便秘になりひどい時は一週間に一回しか排便をしません。病院にはずっとかかっていましたが薬と検査の繰り返しで全く良くならないので薬を止めました。
 
運動量が少ないのではと思いヨタヨタですが散歩に連れて行き排便を促してもなかなか出ません。ネットで色々と検索しビオフェルミンが効果があると書いてあったので試しているのですがいつもより少し多く出てくる程度ですがしばらくビオフェルミンを続けましたが便秘自体は全く改善されません。ビオフェルミンもその子の状態によって効果は違ってくるのかも知れません。
 
はり年をとると仕方ないのかなあ~と諦めてしまいそうです。でもとても食欲がありいつも食べ足りない感じなんです。ご飯はたくさん食べているのに便が出ないのであれば食べたものはどこに行ってしまったのか?と考えるととても不安です。
 
ビオフェルミンを飲ませても排便しないので更にどうしていいのかわかりません。そんな中、ネットでたまたまナノワンで便秘が治ったという体験談を見つけ、うちの子も試して見たいと思いご相談させていただきました。

なぜ、老犬の便秘にビオフェルミンは効かないのか?

今回お話しさせていただきます内容は医学的根拠等は全くございません。自らこれまでに約2,000頭以上のあらゆる病状症状等、また便の状態等を見てきた結果。又改善した子達、残念ながら改善することが出来なかった子達の私自身の体験等含めた見解、アドバイスとなりますことをご了承ください。
 
犬の便秘に関するご相談は年々増えてきています。そのほとんどが便秘に効く薬等をネットで探され飲ませているようです。その中でも最も多いのがビオフェルミンです。ビオフェルミンは人間でも使われる整腸剤、乳酸菌等が含まれ腸内環境を良くすると言われています。ですが、ビオフェルミンを与えても全く変わらない、改善しない、などの相談があります。
 
老犬は若い子と違い、臓器の動きも鈍くなり、もちろん腸の働きも鈍ってきます。なので上手く排泄ができなくなり便秘になってしまいます。ビオフェルミンが効かないということではなく、ビオフェルミンを与えるのが早すぎていると考えられます。便秘を改善するには順番があります。
 
れは、便秘なので腸内には、排泄されず腸に溜め込まれている状態なのでビオフェルミンを飲ませたところで吸収もされず腸の動きを活発にさせるどころかゴミを増やしているに過ぎないのです。なので体力も落ちている便秘の解消は、まず、しっかり冷えた腸を温めてあげることが便秘解消の第一歩になります。
 
腸を温めることでしっかり腸が動き出し自分の力でお尻から蓄積している老廃物等を排泄してくれるようになります。そして毎日排便するようになってくると栄養の吸収も良くなってきますので、この状態になってからビオフェルミンを与えると効果を期待することができます。
 
くの方は便秘であれ、下痢であれ、口から入れることを考え色々と与えようとしていますが、口から入れる前に、お尻から日頃の老廃物を排泄させてあげることが先だということを知っておかれると良いと思います。老犬の便秘で悩む飼い主さんはまずは日頃から腸を温めて腸の活動をよくする食事を与えて見られてはどうでしょうか。

 
ナノワンは健康の基本である腸の冷えを取り除く食事です。老犬の便秘はその子のこれまでの食生活や生活環境で大きく変わってきますのでアドバイスも異なります。是非一度、無料相談にご連絡ください。
 
初回無料相談ではアドバイスはさせていただきますが、商品のご注文は一切受け付けておりませんので安心してご連絡ください。

 
※ラクト・ラボでは決して強引な営業・しつこい勧誘など行いませんのでご安心ください。
今すぐ電話をかけて相談する