犬の治療出来ないibdは本当はibdじゃない可能性もあります。

犬の治療ができないibdに薬を飲ませたくない!

 
7才の犬を飼っています。2年ほど前から下痢が続き病院で内視鏡検査をしてもらったのですが、ibdと診断されました。ibdに具体的な治療方法がなく抗生剤、ステロイド、整腸剤をずっと犬に飲ませ続けていました。現在も犬に飲ませづつけています。一生薬を飲んで暮らして行かなくてはいけないと言われていますが治療をしているのではなく対処療法とのことでibdの治療にならないのであれば薬を飲ませる必要はないのではないかと思いながら仕方なく飲ませている状態です。一度、治療ができないのに薬を飲ませるというその気持ちを先生に話したことがあるんですが、ibdの治療にはならないかもしれませんが薬をやめると犬は死にますよ!と言われました。治療は出来ないが薬をやめると死ぬ!というその言葉がいまだに頭から離れずどうしたらいいのかわかりませんでした。
 
痢もどんどん酷くなる一方で、治療できないibdであればやはり薬を飲ませずに楽に苦しめずに今を全うさせてあげたいと思っています。体もどんどん痩せて来ていますし元気も少しづつ無くなってきている感じもしています。これが治療出来ないibdの症状なのかと。このibdはネットで調べても治療出来ない病気のひつでやはりibdの治療はないそうなんです。これまでにも犬を3頭飼ってきましたがibdという病気は初めて聞きました。時代の変化なのか?昔に比べ病気になっている犬がとても多く感じます。どこの病院も犬でいっぱいなので不思議に思うことがあります。
 
ろんな治療出来ない犬のibdと戦うブログなども拝見しましたが亡くなってしまった犬もたくさんいました。でもみんな治療はないibdの犬に今うちの犬に飲ませている薬をのませ続けていました。その中の飼い主さんの言葉で「どうせibdは治療もできず死ぬのを待つのであればこんなに苦しめずに薬を全てやめて好きなものを何でも食べさせて楽に死なせてあげたかったなあ~」という一言に治療できないibdに私自身決断することが出来ました。私も本当にそう思いました。なので現在は覚悟して全ての薬をやめて病院離れしました。とにかくご飯もドッグフードにこだわらず食べそうなものは人間のものでも与えていますし果物もたくさん食べさせています。昔の犬は人間の残り物を食べていたので勝手に自分に言い聞かせ食べさせています。
 
すが下痢は治りませんが、少し元気になってきたんです。散歩もリードを引っ張る力だ以前と全く違い治療出来ないibdとは思えないほどです。覚悟を決めて良かったと思いました。ですが、このままではいつどうなるか?覚悟はあるものの不安にかられます。治療できないibdですので治してあげてあげたいという欲は全くありませんが、できることならこのままibdと仲良く暮らさせてあげたいと思い治療のできないibdと食事などを調べていた時にこちらのラクトラボ様のサイトにたどり着きました。そこには何と、治らない、治療もないibdのボストンテリアの犬の体験談がありドキドキしながら読まさせていただきました。本当なのか?疑いもありましたが飼い主さんの気持ちが全く同じでまた意思の強い飼い主さんの言葉に共感させたれました。治ることのないibdだと芯から思っていましたがうちの犬のibdがもしかしたら回復すのではないかと少し光が見えてきました。一度治療できないibdに諦め覚悟をしましたがやはり目の中に入れても痛くない愛犬です。1%でも可能性があるなら挑戦したいと願いを込めてご連絡させていただきました。

治療のできないibdの犬に安易に薬を与えない。

今回お話しさせていただきます内容は医学的根拠等は全くございません。自らこれまでに約2,000頭以上のあらゆる病状症状等、また便の状態等を見てきた結果。又改善した子達、残念ながら改善することが出来なかった子達の私自身の体験等含めた見解、アドバイスとなりますことをご了承ください。
 
のbidは年々増えてきていますね!同時に蛋白漏れによるアルブミン低下も増えているようです。犬にibd宣告されますと治療ができないためステロイド等のよる対処療法になります。また、治らない病気だとも言われていますので治療出来ないibdの犬には一生薬を飲ませ続けることになります。薬を止めようとすると余命宣告される方もいます。犬のibdは絶対に治らない病気なのでしょうか?治療はできないのでしょうか。なぜ、治らない病気でibdの治療もできないのに薬を飲ませる必要があるのでしょうか?実はこれまでに「下痢が止まらずibdと診断されました」というご連絡を200件以上はもらっていると思いますが、本当に検査をしてibdと診断されたかどうかわかりませんが、中には「ibdのような気がする」「ibdだと思う」「これだけ下痢が止まらないのでibdの可能性があります」と言われてる方も多くいらっしゃいますので、もう一度再確認されると良いと思います。
 
の所だけかもしれませんんが、治療できないibdと宣告された犬で本当にibdだった子は数十頭程度なんですよね。他の犬のibdと言われた犬達は全てではありませんが良い傾向にあり元気に過ごせるようになっています。単に、下痢が止まらないだけかもしれません。その診断がibdだと思われ薬漬けにされてしまう可能性もあります。今一度、ご確認ください。またはご相談ください。ほとんどの場合は下痢が止まらなくなってしまうとibdという診断を受ける犬が多いですね、ibdそのものを見てしまうと判断に迷ってしまいます。ibdは病院でもネットでも治らない病気と言われてますのでどこに行かれても治療はできないと思います。なのでibdになる前にさか上る必要があるのです。犬の治療ができないibdはibdになる以前の回復を考えることで可能性は見えてくると思うのです。要はこのibdの始まりは下痢にあったわけです。
 
の下痢の改善させることだけを考えることで上記の~思う、~可能性がある、~気がする、と言われibd宣告された犬は回復する可能性が多いにあります。病院の一言はても重いんです。だから飼い主さんは大きなショックと不安の日々を送られます。なので私から一言、「諦めるのはまだ早い!」ということです。今回の犬の治療できないibdですが、下痢の原因である冷えによる排泄困難がibdという診断された根源だと思っています。この根源である冷え、詳しくは腸の冷えを取り除き腸に溜め込んだゴミや老廃物をお尻からしっかり排泄できるように環境を整え続けることで回復する光が見えてくる場合が多いんです。ナノワンはあらゆる病気や症状、犬が生きて行くための基本でもある腸を温める食事なのです、なにもせず治療できないibdだと決めつけづやれることは是非、犬のためにも実践していただきたく思います。犬の治療できないibdで悩む飼い主さんはまずは日頃から腸を温めて腸の活動を活発にする食事を与えて見られてはどうでしょうか。
 
ナノワンは健康の基本である腸の冷えを取り除く食事です。犬のibdはその子のこれまでの食生活や生活環境で大きく変わってきますのでアドバイスも異なります。是非一度、無料相談にご連絡ください。
 
初回無料相談ではアドバイスはさせていただきますが、商品のご注文は一切受け付けておりませんので安心してご連絡ください。
 
※ラクト・ラボでは決して強引な営業・しつこい勧誘など行いませんのでご安心ください。
今すぐ電話をかけて相談する

 
image-llkl-taiken-rei01IBD(蛋白漏出性腸炎)と診断され、余命宣告まで受けてしまったボストンテリアのユリちゃん、それから薬漬けが始まり体重は半分、アルブミンは1.3、腹水、更に心臓まで悪くなっていく、既に後2週間の命と告げられる。そんな、薬害ともいえる状態から奇跡的に回復した体験記です。