トイプードルの大腸炎は木になった一つのリンゴに過ぎない。

トイプードルの大腸炎が薬を飲ませても酷くなる。

 
8歳のトイプードルを飼っています。半年くらい前に三日間ほどトイプードルの下痢が続いてたので病院に連れていき血液検査、エコー検査をしてもらいました。トイプードルの診断結果は大腸炎ではないかと言われました。今はそこまで酷い大腸炎ではないので今トイプードルに食べさせているフードを消化器サポートというフードに変え整腸剤と下痢止で様子を見ることになりました。またトイプードルの大腸炎は程度に違いはあるものの多いと言われました。このままトイプードルの下痢が止まらない時は内視鏡検査をして詳しく調べないといけませんね。とのことでした。
 
れから二週間言われる通りに様子を見ていましたが大腸炎の症状がだんだん酷くなってきたんです。初めの一週間は特に変わらずだったんですが。急にトイプードルの大腸炎が悪化したのかと不安になり病院へ直ぐに連れて行きました。前回おっしゃっていたようにやはり内視鏡検査をしないと大腸炎の原因がわからないと言われ後日内視鏡検査をしていただきました。するとかなりの炎症があり極度の大腸炎でリンパ腫の可能性もあるので今の薬にプラスしてベジタブルサポートというサプリとステロイドを与えることになりました。しかしこのままトイプードルの大腸炎の症状がさらに悪化するようであればトイプードルに抗がん剤の投与も必要になるかもしれないと言われました。
 
んの半年前まで何の病気もせず食欲元気もあったのにこの半年でここで酷くなるとは思いもせず不安で不安でこれで治らなかったら抗がん剤って。先日トイプードルの大腸炎は酷い大腸炎ではないとおっしゃっていたので軽く考えていたのに悪いことばかり頭をよぎりトイプードルのことを思うと毎日不安です。この不安が的中しトイプードルの大腸炎にこれだけの薬を飲ませても一向に大腸炎の回復は見られず更に病院からもらったフードも徐々に食べなくなり今は全く口をつけなくなりました。トイプードルの大腸炎は酷くなるしご飯も食べないとなると体力もなくなるので今までのフードに変え与えました。何とか食べてくれています。ですがトイプードルの顔つきが変わり辛そうでかわいそうなくらいになり明らかにおかしいんです。先生がおっしゃっていた極度の大腸炎でこれで治らなかったら抗がん剤という言葉が頭から離れず不安と恐怖でいっぱいです。これ以上トイプードルの辛い顔を見たくないし病院に連れていくのが怖くなりました。
 
々と考えトイプードルに抗がん剤を飲ませ更に大腸炎が悪化し抗がん剤の副作用で死んでしまうことも考えられると思いこれ以上薬を飲ませることをやめようと決めました。それからネットで同じトイプードルの大腸炎で回復した子がいないか?トイプードルに限らず大腸炎で悩んでいる人がいないか?必死で探しましたが大腸炎は多いものの改善したという子がいなく、殆どの子がやはり薬を飲みながら改善中でした。そんな中、こちらのラクトラボ様のサイトにたどり着き、大腸炎から回復したヨーキーのほたるちゃんの体験談を読ませていただきうちのトイプードルよりも高齢で小さい体で回復した姿がとても勇気づけられました。もうすでに手のつけようがない状態のトイプードルの大腸炎を治してあげたくご相談させていただきました。よろしくお願いいたします。

トイプードルの大腸炎は木になった一つのリンゴに過ぎない。

イプードルの大腸炎と言われることはとても多いようですね!中でも大腸炎の可能性がある大腸炎だと思う、など曖昧な言葉で診断とされることも多いようです。要は大腸炎が下痢の原因だとおっしゃっているのだと思いますが。ですがトイプードルの大腸炎が下痢の原因ではなく肝心なのは大腸炎になった原因なんです。トイプードルに限らず簡単に言えば下痢を治したい訳です。なので大腸炎になった原因を知り確実に元に戻すことがトイプードルの大腸炎を治し下痢を改善することにつながります。その原因がわからないので大腸炎と言われているのだと思います。ある意味、小腸炎でもただの腸炎でも何でもよかった訳です。現に今回のトイプードルの大腸炎は改善することなく飼い主さんをどん底まで突き落としたのです。
 
回のトイプードルに限ったことではありません。このようなご相談は毎日のように伺ってきています。ですが、全ての病院が悪いということではありません。中にはナノワンをうまく活用ししっかりした原因を把握して改善に導かれる先生も存在します。このような先生方が増えていくと飼い主さんも本当に安心できるのではないかと思います。トイプードルの大腸炎は木になったリンゴと同じなんです。家の壁、柱、屋根と同じなんです。大腸炎だけを見ることによって間違った方向に進んでしまいます。木であれば各リンゴ一つ一つが病気や症状です。家で言えば壁や柱や床や屋根がそれそれが病気や症状です。今回のトイプードルの大腸炎に対しての対処はそれぞれの病気や症状に対して治療を行い木であれば根っこを腐らし家であれば基礎を傾けただけなんです。なので木は枯れ果て、家は倒壊するのと同じです。木を見て森を見ずとはまさにこの事です。健康の基本も全く同じなんです。
 
の意味をナノワンを取り扱う先生方は理解しているとうことなんです。この根っこであり基礎に当たるのが腸の冷えです。なのでまずはトイプードルの大腸炎はまずはトイプードルの健康の基盤である腸の冷えをまず取り除くことがとても大切なんです。1の次が2です。2の次が3です。殆どの場合が1を飛び抜かして2から始めるからおかしくなっていくんですね。ナノワンはその1である腸の冷えを取り除く食事です。トイプードルの大腸炎で悩む飼い主さんはまずは日頃から腸を温めて腸の活動を活発にする食事を与えて見られてはどうでしょうか。
 
ナノワンは健康の基本である腸の冷えを取り除く食事です。トイプードルの大腸炎はその子のこれまでの食生活や生活環境で大きく変わってきますのでアドバイスも異なります。是非一度、無料相談にご連絡ください。
 
初回無料相談ではアドバイスはさせていただきますが、商品のご注文は一切受け付けておりませんので安心してご連絡ください。

 
※ラクト・ラボでは決して強引な営業・しつこい勧誘など行いませんのでご安心ください。
今すぐ電話をかけて相談する

 

 
image-llkl-taiken-rei01大腸炎と診断された13歳のほたるちゃん、8歳から下痢、血便を下痢止で止めてきた結果、下痢止が1日3回、食欲不振、嘔吐、黒い便をするようになり目に力はなく一気に弱ってしまいました。そんなほたるちゃんが回復した体験記です。