柴犬の下痢対処を間違うと更に酷くなる。

柴犬の本当の下痢対処が知りたい

 
4歳の柴犬を飼っています。半年くらい前から下痢が始まりましたが下痢対処が悪かったのか現在も止まらず困っています。初めはなるべ薬を飲ませたくないと思いフードを変えて柴犬の下痢対処をしていましたがどんなフードに変えても下痢が止まらずビオフェルミンも一緒に飲ませたりもしましたが柴犬の下痢対処とはならず止まりませんでした。
 
がて柴犬の水状の下痢に変わっていき少し血も混ざるようになってきたのでやはり病院へ連れて行くことにしました。病院では血液検査、エコー検査をしてもらいましたが両方とも特に異常はありませんでした。先生からは柴犬の下痢の対処は「消化のいいフードに変えることと薬で止めること」と言われ病院指定のフードと薬をもらい様子を見ることになりました。
 
も下痢は止めてはいけないと聞いたことがあるし下痢止で止めることが柴犬の下痢対処となるのか?不安を抱えながら1週間様子を見ましたがやはり柴犬の下痢対処とはならず酷くなる一方で止まることはありませんでした。薬もなくなり病院へ行くと下痢対処がうまくいっていないと言うことで抗生剤とステロイドが処方されました。ですが結果は同じで多少形のある便が出た程度で直ぐにいつもと同じに戻りました。もうこれでは薬漬けになり柴犬の下痢対処どころではないと思い病院には黙って薬を飲ませることを止めました。逆に薬を飲ませない方が柴犬の下痢対処になるのではと思いました。もちろん何の根拠もありません。単に飼い主の感です。
 
も柴犬の下痢対処方法がわからず色々と同じ柴犬で下痢対処ができず困っている人や治った人がいないかネットで調べていたときにこちらのラクトラボ様のサイトにたどり着きました。多くの体験やナノワンの考えを読ませていただきこれまで薄っすらと頭の中で疑問を持っていたことを坂田様が疑問を確信に変えてくださりました。本当に驚きました。「これが本当の下痢対処というんだよね!」と納得いたしました。まだ若い柴犬です。これからまだまだ健康で長生きさせなくてはいけません。うちの柴犬にナノワンを与えたく今回ご相談、ご連絡させていただきました。アドバイスをお願いいたします。

ボストンテリアの下痢は冷えた腸を温め直すことが大事。

今回お話しさせていただきます内容は医学的根拠等は全くございません。自らこれまでに約2,000頭以上のあらゆる病状症状等、また便の状態等を見てきた結果。又改善した子達、残念ながら改善することが出来なかった子達の私自身の体験等含めた見解、アドバイスとなりますことをご了承ください。
 
犬に限らず下痢対処に悩んでいる飼い主さんはとても多いようですね。それは治らないからだと思います。これまで多くの子達を診てきましたが、初めの下痢の対処を間違ってしまうと酷くなるだけでなく最後には蛋白漏出性腸炎、低アルブミン、IBDなどの治らないと言われる病気になってしまうことがとても多いのです。こうなると一生薬を飲み続けなければならないようです。それもこれも初めの下痢対処に原因があるのです。
 
当に下痢対処が出来ていれば今回の柴犬も酷くならなかったはずです。単にフードを変える、薬で止める、食事の回数を増やす、絶食する等は対処療法に過ぎないと思います。柴犬に限らず下痢に悩む飼い主さんの話を聞くだけで下痢そのものの原因を知らないで治療しているのだと直ぐにわかります。本当に下痢対処の意味をわかっている先生方はこのような治療はしません。現にナノワンをうまく活用なさっている先生方は根本的に原因をわかっていますので結果も出ています。このような先生が主治医だととても安心できますね。
 
回の柴犬の下痢は冷えによる排泄困難が大きな原因です。止めるのではなく出し切らせることが下痢対処になります。この排泄は柴犬にとってとても重要なことで命を守る唯一の方法なんです。食べることよりもお尻から日頃の老廃物やゴミを外に排泄することの方が大事だと知っているのです。ところが必死で排泄しようと頑張っているのにうまく排泄できずに水分や粘液の多い便が出ているのです。これが下痢です。
 
排泄をスムーズにさせてあげるには冷えた腸を温め直すことが柴犬の下痢対処の一番重要なことになります。ナノワンは腸の冷えを取り除く食事です。柴犬の下痢対処が出来ずに悩む飼い主さんはまずは日頃から腸を温めて腸の活動を活発にする食事を与えて見られてはどうでしょうか。
 
ナノワンは健康の基本である腸の冷えを取り除く食事です。柴犬の下痢対処はその子のこれまでの食生活や生活環境で大きく変わってきますのでアドバイスも異なります。是非一度、無料相談にご連絡ください。
 
初回無料相談ではアドバイスはさせていただきますが、商品のご注文は一切受け付けておりませんので安心してご連絡ください。
 
※ラクト・ラボでは決して強引な営業・しつこい勧誘など行いませんのでご安心ください。
今すぐ電話をかけて相談する
 
image-llkl-taiken-rei01IBD(蛋白漏出性腸炎)と診断され、余命宣告まで受けてしまったボストンテリアのユリちゃん、それから薬漬けが始まり体重は半分、アルブミンは1.3、腹水、更に心臓まで悪くなっていく、既に後2週間の命と告げられる。そんな、薬害ともいえる状態から奇跡的に回復した体験記です。