犬の軟便を安易に薬で止めて行くと更に止まらなくなります。

薬で止まらない犬の軟便は冷えた腸を温めることが大事。

今回お話しさせていただきます内容は医学的根拠等は全くございません。自らこれまでに約2,000頭以上のあらゆる病状症状等、また便の状態等を見てきた結果。又改善した子達、残念ながら改善することが出来なかった子達の私自身の体験等含めた見解、アドバイスとなりますことをご了承ください。
 
1年前から犬の軟便が続き様々な薬を飲ませても犬の軟便が止まらず病院からはこれだけの薬を飲ませても軟便が止まらないので薬だけでなく内視鏡検査、更には開腹手術を進められているが年齢も高齢で麻酔に耐えることが出来なければ死に至ると言われ薬に頼らず犬の軟便を治すことが出来ないか?言うご相談をいただきました。
 
そらく軟便が始まり始めて病院に行かれた時点で犬の軟便の原因はわからなかったのだと思います。なので下痢止の薬、そして抗生剤の薬、そしてステロイドの薬とだんだん強い薬に変わっていったようです。最後の薬で効かなくなるともうそれ以上の薬はありませんので高齢であることを知りながら麻酔の必要な検査を勧められたのでしょうね。死に至ると言われると殆どの飼い主さんは検査をしないと思いますから。この流れと言いますかパターンはよく聞くお話しです。
 
便を止めること自体悪化を辿る治療と言えますが、何故、このように強い薬に変わって行くのでしょうか?それは薬が効かなくなるからです。犬に薬を口から飲ませると効くと思っている方が多いと思いますが、薬は口から入れただけでは効きません。食道を通って胃を通って腸に行ってそこから血液に吸収されると薬は効くのです。なので人間でも飲み薬より血管注射をした方が早く効きます。
 
めは下痢止と言う薬を飲み始めは効きますがその薬で腸が冷やされ血液に吸収されなくなると効かなくなります。すると次に強い薬を飲ませ、同じ理由で効かなくなるのです。今回の犬の軟便がどれだけ薬を飲ませても効かなかった理由です。
 
は、もう薬を使うことも検査もすることもできません。どうすれば犬の軟便を回復させてあげることができるのでしょうか?もちろん全ての犬の軟便が回復すとは限りません。それは軟便になった原因は長年かけて遺伝的、薬、ストレス、環境等で冷やされ続け日頃の体内の老廃物やフードの油やゴミをお尻から外へ排泄することが出来なくなった排泄困難が軟便の原因です。
 
のでこれらのゴミを薬で止めるのではなくスムーズに排泄させてあげることのできる腸内環境を作ってあげることが大事です。そのためには冷えた腸を温め直すことが犬の軟便を薬を使わず回復させる唯一の方法なのです。ナノワンは腸の冷えを取り除く食事です。薬で治らない犬の軟便で悩む飼い主さんはまずは日頃から腸を温めて腸の活動を活発にする食事を与えて見られてはどうでしょうか。
 
ナノワンは健康の基本である腸の冷えを取り除く食事です。犬の軟便はその子のこれまでの食生活や生活環境で大きく変わってきますのでアドバイスも異なります。是非一度、無料相談にご連絡ください。
 
初回無料相談ではアドバイスはさせていただきますが、商品のご注文は一切受け付けておりませんので安心してご連絡ください。
 
※ラクト・ラボでは決して強引な営業・しつこい勧誘など行いませんのでご安心ください。
今すぐ電話をかけて相談する

 

 
image-llkl-taiken-rei01何度も繰り返す下痢と軟便。病院からはありとあらゆる病名をつけられ 八方塞がり状態となる。先住犬を病院に任せ薬漬けで旅立たせてしまった辛い思いと 後悔から私がこの子を守るという強い思いと覚悟が回復させる原動力となった。そんな 壮絶な不安で孤独な日々を送ってきた飼主と愛犬の回復体験です。

 

 
image-llkl-taiken-rei01生後8ヶ月のフレンチブルドッグに突然訪れる止まらない血便。成長とともに血便は改善するだろうと思っていたが一日9回もの血便が続いた、病院通いを余儀なくされいくつもの検査をしてみるものの原因はわからず最後にはポタポタ垂れる血便に。