チワワの下痢は腸を温めてしっかり排泄し切らせることが大事。

チワワの下痢を薬を使わず治してあげたい。

 
8才になるチワワの下痢が治らずどうしてあげたらいいのか悩んでします。半年ほど前からこれまで下痢ひとつしたことがなかったチワワが急に下痢をするようになりました。以前飼っていたチワワが同じように下痢になりどれだけ薬を飲ませてもチワワの下痢は治らずとても嫌な経験をしたことがあるのでなるべく薬を飲ませたくなくて病院には連れて行ってなかったんです。
 
のでネットでチワワの下痢に効果のあるサプリメントを色々買って試したのですがチワワの下痢は一向に治ることがなく今度はチワワの下痢に食べさせると良いフードを数種類試してきましたが、これも全く効果がなくチワワの下痢が止まることがありませんでした。このままではチワワが脱水症状になったりすると後が怖いので不安を抱えながらチワワを病院に連れていきました。これまでのチワワの状況を説明したら血液検査とエコー検査をすることになりました。
 
るとアルブミンという数値が1.5になっていてとても危険な状態だと言われました。またエコー検査では小腸付近に腫れがあり極度の炎症を起こしていると言われたのです。詳しく話を聞くと蛋白が腸の中で漏れる病気で治らない病気だと言われました。治療は数値をまず上げるためにチワワにステロイドを飲ませて行くことしかないそうなのです。チワワの下痢も炎症によるものだそうで炎症剤と抗生物質も飲ませることになりました。先生にチワワのこの病気の原因を尋ねると原因不明とのこと。
 
うチワワにどうしてあげればいいのか?家に帰り悩みに悩みました。このままチワワにこれらの薬を飲ませても原因もわからず治らない病気だと言われているのに以前飼っていたチワワと同じようにしてしまうのではないかと感がえるだけで怖くなってしまいました。一晩寝ずに考え出した結論は一切薬を飲ませないことにしました。それからチワワの下痢や蛋白漏れ、アルブミンについて何か良い方法がないか調べに調べました。やはり治らない病気で最後はステロイドでも数値は上がらず亡くなった例もかなりありました。
 
の時に覚悟しました。チワワの下痢が治らないのであれば好きなものをたくさん食べさせて苦しまずに逝かせてあげたいと。チワワの下痢に始まり治らない病気にまでなってしまい。無知な飼い主だと反省しました。何とか好きな食べ物を食べさせたくチワワの下痢に良い食べ物がないか色々探していた時に目を疑うような体験談と出会いました。それがナノワンでした。
 
くさんの体験があり中にはチワワの下痢から回復した子、治らないと言われた蛋白漏れの子が回復した子たちの体験を読み鳥肌が立ちました。本当なのか?デマカセじゃないのか?疑いも持ちながら読ませてもらいましたが、読んでいるうちに涙が溢れ出てきたのです。飼い主さんのお気持ちが痛いほど伝わりまたわたしも全く同じ想いでした。また、坂田様の記事を読ませていただき病院とは全く反対のお考えと実績を見てナノワンを信じて見ようと思いました。まだ食欲も元気もあるチワワです。何とか助けてください。どうぞよろしくお願いいたします。

チワワの下痢は腸を温める食事が改善の第一歩となる。

今回お話しさせていただきます内容は医学的根拠等は全くございません。自らこれまでに約2,000頭以上のあらゆる病状症状等、また便の状態等を見てきた結果。又改善した子達、残念ながら改善することが出来なかった子達の私自身の体験等含めた見解、アドバイスとなりますことをご了承ください。
 
ワワに限らず下痢のご相談はとても多くいただいています。ただ、チワワの下痢にも度合いというものがあり既に薬漬けになって食欲も元気も奪われてしまった下痢の場合は100%とは言いませんが回復の確率はとても低いです。なので、少しでも早くご相談いただきたいと思います。
 
回のチワワの下痢に対して過去に苦い経験をされたことで先住犬のチワワの想いが伝わったのかも知れませんね。当の飼い主さんは結果的にチワワの下痢から治らない病気へと進行したことに対し反省されたようです。また、薬を一切飲ませない決断をされました。この決断は私から言いますと理論理屈を知らずともチワワの下痢にとったご判断はとても正しいと思っています。
 
いにも食欲と元気はありますので後は、何故チワワの下痢から治らない病気へとなってしまったのか?そもそも何処に原因があったのか?これを知る上でナノワンをご愛用していただければと思います。
 
ワワに限らず下痢は悪いことではありません。チワワは食べることよりもお尻から排泄することが命を守る一番大切な事だと知っているのです。なのでこれまでチワワが食べてきたフードの油や日頃から溜まる老廃物やゴミをお尻から排泄しようとします。ところがチワワは遺伝的、薬、ストレス、環境等で年々冷やされこれらのゴミがどんどん蓄積していきます。必死で排泄しようと頑張っているのですが腸が冷えて思うように排泄ができません。その結果チワワは老廃物やゴミの隙間からしか排泄できない水分や粘液や粘膜を多く含んだ便が排泄させるのです。これが下痢です。
 
痢は絶対に止めてはいけないのです。ですが、このままの下痢の状態を放置して自然と治っていたのは数十年前の外で飼われていた犬達だけなんです。その頃はワクチンやフィラリアの薬はありませんでした。また、動物病院もほとんどありませんでした。要は冷えていなかったという事です。
 
代の子達は生まれつき遺伝的に冷えていますので下痢の状態をそのままにしておいても悪化して行くだけなのです。それは肝心な老廃物やゴミを腸が冷えているので排泄できないからです。なので今回のチワワも薬で止めなかったことは良かったのですが冷えを取り除くことが出来なかったためチワワは治らない病気へと進んで行ったのです。
 
回のチワワの下痢の原因は腸の冷えによる排泄困難です。この排泄困難を改善しスムーズに排泄できる腸内環境を作ってあげることがチワワの下痢、病気を改善する第一歩となるのです。ナノワンは腸の冷えを取り除く食事なんです。チワワの下痢で悩む飼い主さんはまずは日頃から腸を温めて腸の活動を活発にする食事を与えて見られてはどうでしょうか。
 
ナノワンは健康の基本である腸の冷えを取り除く食事です。チワワの下痢はその子のこれまでの食生活や生活環境で大きく変わってきますのでアドバイスも異なります。是非一度、無料相談にご連絡ください。
 
初回無料相談ではアドバイスはさせていただきますが、商品のご注文は一切受け付けておりませんので安心してご連絡ください。
 
※ラクト・ラボでは決して強引な営業・しつこい勧誘など行いませんのでご安心ください。
今すぐ電話をかけて相談する

 

 
image-llkl-taiken-rei017才で急に始まったドロ状の下痢。ストレスの疑いに始まり、誤診による膵臓疾患、子宮の疑いによる開腹手術による子宮、卵巣の全摘、アルブミン0.9、最後はステロイドも効かなくなりもう打つ手がない状態。こんな状態からチワワのハッピーちゃん自身の力で見事に回復した涙溢れる体験記です。
 
image-llkl-taiken-rei01月末に起こる原因不明の嘔吐と下痢。病院では毎回、点滴、注射、薬の投与の繰り返し、病院でCT、エコー、レントゲン、直腸検査をしても原因がわからず待合室で愛犬を抱きしめ泣く事しか出来なかった。八方塞がりの中「神様助けて!」の思いが好転していく・・

 
image-llkl-taiken-rei011年続いた下痢が止まらずアルブミンは1.1、死に至ると宣告。思い切って食事療法を決意したが獣医からはサプリメントで治るレベルではないと言われる。だが飼い主さんの強い気持ちが運命を変える。瀕死の状態から奇跡的に回復したミックス犬の体験記です。
 
image-llkl-taiken-rei01嘔吐をきっかけに病院へ、逆流性食道炎との診断で何種類かの薬を出されたタロちゃん、血液検査ではアルブミン1.9、タンパク喪失性腸症(リンパ管拡張症)と診断されるが悪化。アルブミンも1.7へ、そんな解決策もないタロちゃんが回復した体験記です。
 
image-llkl-taiken-rei01蛋白漏出性腸炎によるアルブミン1.7、リンパ腫であれば手の施しようがないと言われ内視鏡検査を言われるがままに承諾。勇気を出してラクトラボの坂田さんに電話した事で内視鏡検査を回避し健康を取り戻したトイプードルのももちゃんも回復体験記です。
 
image-llkl-taiken-rei01IBD(蛋白漏出性腸炎)と診断され、余命宣告まで受けてしまったボストンテリアのユリちゃん、それから薬漬けが始まり体重は半分、アルブミンは1.3、腹水、更に心臓まで悪くなっていく、既に後2週間の命と告げられる。そんな、薬害ともいえる状態から奇跡的に回復した体験記です。
 
image-llkl-taiken-rei01余命3週間と宣告され,診断結果は蛋白漏出性腸炎。アルブミン1.3、総蛋白2.9。毎年3回も血液検査をしていたトイプードルのぶらんちゃん。ナノワンと出会い薬を全て止め、アルブミン2.8、総蛋白6.4に回復した体験談です。
 
image-llkl-taiken-rei01何度も繰り返す下痢、骨が丸見えになる程の体重激減、リンパ拡張症、炎症性腸炎と診断。総タンパク3.8、アルブミン1.7、腹水も貯まり全身冷たく死んだような状態から回復したフレンチブルドッグの体験記です。
 
image-llkl-taiken-rei017才で急に始まったドロ状の下痢。ストレスの疑いに始まり、誤診による膵臓疾患、子宮の疑いによる開腹手術による子宮、卵巣の全摘、アルブミン0.9、最後はステロイドも効かなくなり打つ手がない状態。こんな状態から見事に回復した涙溢れる体験記です。
 
image-llkl-taiken-rei01健康診断を受け、TP4.1、アルブミン1.8と数値が悪く病院通いをすることになった。医者の言われるがままに通院するが最後は止まらない噴水下痢をするまでに悪化してしまう。飼い主の「絶対に病気じゃない!!」という信念がパイちゃんを改善させる原動力となった。