秋田犬の下痢は薬で止めずに腸を温める食事が有効。

秋田犬の下痢を薬を使わず治してあげたい。

 
10歳になる秋田犬を飼っています。1年ほど前から下痢が続き現在も下痢が続いている状態です。初めは病院に連れて行き秋田犬に下痢止を飲ませることで下痢は止まっていたのですが1ヶ月もしないうちに再度下痢が始まりこれまでよりも下痢の間隔が短くなってきたので病院に再度秋田犬を連れて行きましたが薬の効きが悪いという事とフードが合っていないのではという事で下痢止から抗生物質に変わりフードも消化のいいフードに変えて様子を見ることになりました。
 
の後しばらくは秋田犬の下痢は落ち着いていたのですがやはり1ヶ月するとまた秋田犬の下痢が始まりました。何度秋田犬を病院へ連れて言っても同じことの繰り返しで今回は以前のフードに変えてもうしばらく様子をみようと更に2週間程度様子を見たのですが秋田犬の下痢は全く止まらず水状の下痢をするようになってきました。
 
うすることも出来ずとりあえず電話で今の秋田犬の下痢の状態をお話ししたら「一度連れてきてください、詳しい検査をした方がいいです」と言われたのですが、もう検査をしても治らないし薬を飲ませるだけだと思い秋田犬を病院へ連れて行きませんでした。他に何か方法がないか?薬に頼らず下痢を治す方法がないかネットで必死に探していた時にこちらのナノワンを知りました。色んな体験談を読ませていただきまさに私が求めていたものでした。何とか薬を使わずに秋田犬の下痢を治してあげたいと思っています。どうかよろしくお願いいたします。

秋田犬の下痢は腸の冷えによる排泄困難が原因。

今回お話しさせていただきます内容は医学的根拠等は全くございません。自らこれまでに約2,000頭以上のあらゆる病状症状等、また便の状態等を見てきた結果。又改善した子達、残念ながら改善することが出来なかった子達の私自身の体験等含めた見解、アドバイスとなりますことをご了承ください。
 
田犬に限らず下痢の相談は一年を通してとても多い症状の一つですね。下痢は色んな病気への入り口と言っていいくらいとても慎重に対象する必要があります。下痢の対処一つでこれから健康に過ごせるのか、そうでないかのかに分かれます。なので安易に原因もわからないのに薬で止めて行くことはなるべく避けてあげたですね!もちろん下痢の原因がわかった上で薬を使うのは良いと思います。まず、今回の秋田犬の下痢も原因がわかっていれば薬で止めることはしなかったと思います。
 
すが今回の秋田犬の場合は飼い主さんのご判断でこれ以上薬を飲ませても検査をしても治らないと判断されたことが項をそうしたのではないかと思います。このまま秋田犬に続けていればおっしゃるように治るどころか酷くなっていたと思います。秋田犬の下痢の原因は冷えによる排泄困難です。これまで食べてきたフードの油や蓄積してきた老廃物やゴミをお尻から外へ排泄できなくなったのです。なので水分や粘液や粘膜を多く含む便が出てきたいたのです。それが下痢です。秋田犬は必死で排泄しようと頑張っていますが思うように腸が動いてくれず苦しんでいた訳です。そのお苦しさを伝えていたんです。
 
の排泄困難を改善しスムーズのお尻から排泄させてあげることが秋田犬の下痢を治す第一歩となります。そのためには冷えた腸を温め直すことがとてもとても大切になります。ナノワンはその冷えた腸を温める食事なんです。まずは秋田犬の冷えを取り除くスムーズに排泄させて行きながら秋田犬自身の力で回復させてあげてください。それでも改善しないときに初めて検査や薬を検討されても遅くないと思います。秋田犬の下痢で悩む飼い主さんはまずは日頃から腸を温めて腸の活動を活発にする食事を与えて見られてはどうでしょうか。
 
ナノワンは健康の基本である腸の冷えを取り除く食事です。秋田犬の下痢はその子のこれまでの食生活や生活環境で大きく変わってきますのでアドバイスも異なります。是非一度、無料相談にご連絡ください。
 
初回無料相談ではアドバイスはさせていただきますが、商品のご注文は一切受け付けておりませんので安心してご連絡ください。
 
※ラクト・ラボでは決して強引な営業・しつこい勧誘など行いませんのでご安心ください。
今すぐ電話をかけて相談する

 

 
image-llkl-taiken-rei01月末に起こる原因不明の嘔吐と下痢。病院では毎回、点滴、注射、薬の投与の繰り返し、病院でCT、エコー、レントゲン、直腸検査をしても原因がわからず待合室で愛犬を抱きしめ泣く事しか出来なかった。八方塞がりの中「神様助けて!」の思いが好転していく・・
 
image-llkl-taiken-coco_edited-1cx蛋白漏出性腸炎によるアルブミン1.7、リンパ腫であれば手の施しようがないと言われ内視鏡検査を言われるがままに承諾。勇気を出してラクトラボの坂田さんに電話した事で内視鏡検査を回避し健康を取り戻したトイプードルのももちゃんも回復体験記です。
 
tel-button472IBD(蛋白漏出性腸炎)と診断され、余命宣告まで受けてしまったボストンテリアのユリちゃん、それから薬漬けが始まり体重は半分、アルブミンは1.3、腹水、更に心臓まで悪くなっていく、既に後2週間の命と告げられる。そんな、薬害ともいえる状態から奇跡的に回復した体験記です。