犬の水下痢は対処を間違えると余計に酷くなって行く。

犬の水下痢が薬漬けで治らない。

 
10歳の犬を飼っています。一年ほど前から抗生剤、ステロイドを飲み続けていますが、水下痢が治らずどうしたらいいのか困っています。当初は水分の多い柔らかい下痢をしていたのですが薬を飲ませても治らず血液検査の結果、蛋白が漏れていることがわかりアルブミン数値が1.5で危険な状態と言われそれからずっと薬を飲んでいます。それから水下痢が始まり今に至っております。病院ではこのまま薬を飲ませて様子を見て行くしかないとのことで3件病院を変えて診察してもらいましたが結果は同じでした。
 
日毎日、水下痢を繰り返し酷い時は家中に撒き散らすこともあり大変な時もありますが、犬自体が苦しそうで見ているのが辛いのです。いろんな病院をネットで探しては連絡して相談するも帰ってくる答えはどこも同じで手の施しようがない状態です。もうこれ以上このままにしておくのが不安で何とか水下痢を治す方法がないか悩んでいました。ただ、徐々に痩せてきているのですが、食欲だけは旺盛です。これだけが唯一の救いなんですが、この食欲もなくなってしまうと死んでしまうのではないかと不安で仕方ありません。
 
にかく同じ水下痢で悩んでいる飼い主さんがいないか?水下痢を治す方法がないか?徹底的にネットで調べていた時に偶然こちらのナノワンさんにたどり着きました。犬の水下痢から回復した犬の体験やアルブミン低下から回復した犬の体験、そして代表の坂田様のお考えや実績を拝見させていただき目から鱗と言いますかこんなところに水下痢の原因があったのか?と盲点を突かれた想いでした。やはり犬も人間も全く同じなんだと夢中で読ませていただきました。飼い主の皆さんの思いにも共感させられ犬の水下痢で悩んでいるのは私だけではなかったんだ!と勇気もいただきました。もしかしたらうちの犬も水下痢から解放さるのではないかとささやかな期待を込めて思い切ってご相談させていただきました。10歳と高齢ですが食欲だけはあります。何とか水下痢を治してあげたいと思っていますのでどうかよろしくお願いいたします。

犬の水下痢は腸の冷えが原因。

今回お話しさせていただきます内容は医学的根拠等は全くございません。自らこれまでに約2,000頭以上のあらゆる病状症状等、また便の状態等を見てきた結果。又改善した子達、残念ながら改善することが出来なかった子達の私自身の体験等含めた見解、アドバイスとなりますことをご了承ください。
 
の水下痢は殆どの場合、軟便や下痢を薬で止めてきたことによって水下痢になる場合がとても多いようです。そして水下痢を止め続けても止まらない時は既に蛋白が漏れアルブミンが低下してることがこれまで私が経験してきた中では一つのパターンとなっています。ここまで悪化してしまうとステロイドは一生飲み続けなければならないと言われています。要は治らない病気なのです。
 
がこのような状態になってからのご相談がとても多いので経緯を聞かせてもらうとみんな同じなんです。やはり軟便や下痢の状態の時にどのような治療、対処をするかでその後の健康状態は大きく変わってきます。今回の犬の水下痢にしても全く同じ経緯を辿っています。この状態をどのようにして克服させていくかですが、治療方法としては一般的にはステロイド治療の他に方法はありません。ですが、今回の犬の大きな強みは食欲がとても旺盛であることです。これは最大の強みとなります。このまま食欲まで奪われてしまうとかなり難しくなってきますのである程度の覚悟は必要だと思います。
 
ずは水下痢を止める事、そしてアルブミン数値を上げることは二の次と考えなくてはいけません。これらはある原因の延長線上にあるので大元の原因をまず元に戻すことに専念しこれらの水下痢やアルブミン数値は全て犬本人の力で回復させるしかないのです。ここをしっかり理解していただきたいと思います。
 
の大元の原因は冷えによる排泄困難です。この排泄がうまくいかず軟便、下痢をしていたのです。それを知らずに止めてきたので余計に冷やされ水下痢化し治らない病気へと進行していったのです。なのでまずはこの冷えを取り除きスムーズにお尻から腸内に溜まった老廃物等をしっかり排泄させてあげることのできる腸内環境を作ってあげることです。そのためには冷えた腸を温め直すことがとても重要であり元々もっていた自身の力を回復させる第一歩なのです。ナノワンは腸の冷えを取り除く食事なんです。犬の水下痢で悩む飼い主さんはまずは日頃から腸を温めて腸の活動を活発にする食事を与えて見られてはどうでしょうか。
 
ナノワンは健康の基本である腸の冷えを取り除く食事です。犬の水下痢はその子のこれまでの食生活や生活環境で大きく変わってきますのでアドバイスも異なります。是非一度、無料相談にご連絡ください。
 
初回無料相談ではアドバイスはさせていただきますが、商品のご注文は一切受け付けておりませんので安心してご連絡ください。
 
※ラクト・ラボでは決して強引な営業・しつこい勧誘など行いませんのでご安心ください。
今すぐ電話をかけて相談する

 

 
image-llkl-taiken-rei01月末に起こる原因不明の嘔吐と下痢。病院では毎回、点滴、注射、薬の投与の繰り返し、病院でCT、エコー、レントゲン、直腸検査をしても原因がわからず待合室で愛犬を抱きしめ泣く事しか出来なかった。八方塞がりの中「神様助けて!」の思いが好転していく・・
 
image-llkl-taiken-coco_edited-1cx蛋白漏出性腸炎によるアルブミン1.7、リンパ腫であれば手の施しようがないと言われ内視鏡検査を言われるがままに承諾。勇気を出してラクトラボの坂田さんに電話した事で内視鏡検査を回避し健康を取り戻したトイプードルのももちゃんも回復体験記です。
 
tel-button472IBD(蛋白漏出性腸炎)と診断され、余命宣告まで受けてしまったボストンテリアのユリちゃん、それから薬漬けが始まり体重は半分、アルブミンは1.3、腹水、更に心臓まで悪くなっていく、既に後2週間の命と告げられる。そんな、薬害ともいえる状態から奇跡的に回復した体験記です。