子犬の下痢は対処方法を間違えると健康バランスを崩してしまう。

子犬の下痢はまず腸を温めなおすことが基本となる。

今回お話しさせていただきます内容は医学的根拠等は全くございません。自らこれまでに約2,000頭以上のあらゆる病状症状等、また便の状態等を見てきた結果。又改善した子達、残念ながら改善することが出来なかった子達の私自身の体験等含めた見解、アドバイスとなりますことをご了承ください。
 
犬の下痢は最近とても多くなってきました。子犬の下痢は軽視しやすい症状の一つですが、子犬の下痢の対処方法を間違えてしまうと後々健康自体を失うこともあります。これまでに多くの犬達の相談を受けてきましたが、そのほとんどが子犬の時の下痢を薬で止めてきたことが大きな原因となっています。子犬の下痢は意味があって下痢をしていますが、その理由を誰も教えてくれません。なので飼い主の皆さんが子犬の下痢は何を意味しているのかしっかり理解することが今後の子犬の健康を大きく左右すると言っても過言ではありません。
 
くの場合、子犬が下痢をすると病院に連れて行き下痢止や抗生物質で子犬の下痢を止めにかかります。下痢は悪いことではありませんので止めてはいけません。ですが、ここに大きな落とし穴があるんです。それは現代の犬と数十年前の犬小屋で飼われていた犬とでは全く違うのです。昔はワクチンや外で飼われていたにも関わらずフィラリアはありませんでした。なので薬で冷やされることがなかったので子犬が下痢をしてもそのまま止めずに下痢を出し切ると良くなっていました。ですが現代の子犬や犬はワクチン、狂犬、フィラリアなどの強烈な薬で冷やされた犬から生まれてきた子孫になりますので元々冷えて生まれてきます。なので子犬の下痢を止めずにそのままにしても冷えて腸は動かず排泄することができません。
 
の排泄困難を飼い主に教えるために下痢として排泄しているのです。これを気づくか気づかないかで子犬の健康は左右します。また子犬の排泄困難は日頃からの食生活にも大きく関わっています。子犬の下痢は腸の冷えによる排泄困難が根本的原因だと考えています。子犬の下痢を改善するためには、冷えた腸を温め治すことが子犬の下痢改善の第一歩となります。ナノワンは腸を温め続ける食事なんです。子犬の下痢で悩む飼い主さんはまずは日頃から腸を温めて腸の活動を活発にする食事を与えて見られてはどうでしょうか。

 
ナノワンは健康の基本である腸の冷えを取り除く食事です。子犬の下痢はその子のこれまでの食生活や生活環境で大きく変わってきますのでアドバイスも異なります。是非一度、無料相談にご連絡ください。
 
初回無料相談ではアドバイスはさせていただきますが、商品のご注文は一切受け付けておりませんので安心してご連絡ください。

 
※ラクト・ラボでは決して強引な営業・しつこい勧誘など行いませんのでご安心ください。
今すぐ電話をかけて相談する

 

 
image-llkl-taiken-rei01月末に起こる原因不明の嘔吐と下痢。病院では毎回、点滴、注射、薬の投与の繰り返し、病院でCT、エコー、レントゲン、直腸検査をしても原因がわからず待合室で愛犬を抱きしめ泣く事しか出来なかった。八方塞がりの中「神様助けて!」の思いが好転していく・・
 
image-llkl-taiken-coco_edited-1cx蛋白漏出性腸炎によるアルブミン1.7、リンパ腫であれば手の施しようがないと言われ内視鏡検査を言われるがままに承諾。勇気を出してラクトラボの坂田さんに電話した事で内視鏡検査を回避し健康を取り戻したトイプードルのももちゃんも回復体験記です。
 
tel-button472IBD(蛋白漏出性腸炎)と診断され、余命宣告まで受けてしまったボストンテリアのユリちゃん、それから薬漬けが始まり体重は半分、アルブミンは1.3、腹水、更に心臓まで悪くなっていく、既に後2週間の命と告げられる。そんな、薬害ともいえる状態から奇跡的に回復した体験記です。