ボストンテリアの血便は冷やされた腸を温め直すことが大事!

ボストンテリアの血便は腸の冷えを取り除くことが改善の第一歩となる。

回はボストンテリアの血便についてご相談がありました。ボストンテリアに限らず血便は多い症状の一つですが、血便と言っても経緯によって全く違ってきますのでただ血便をしているだけではアドバイスはできません。出来れば詳しくお話を聞かせていただいた方がアドバイスがし易いですね!
 
回のボストンテリアの血便は2年ほど前から下痢が始まり下痢のたびに薬で止めていました。その結果次第に血便になってきたようです。ボストンテリアには下痢止、抗生物質、そして最後にはステロイドになりその時には血便が止まらなくなってしまい病院からもこれ以上は専門の大学病院で診察することを勧められどうすることもできずネットで探されご相談いただきました。ただ唯一の救いがボストンテリアには食欲と元気があるということです。薬を飲んでいたにせよこの二つがとても重要なのです。この食欲と元気が奪われるまで薬を飲ませ続けますとそれこそ手の施しようがありません。もちろん全てではありませんが。
 
ストンテリアの血便はこのように一つの薬が効かなくなると徐々に強い薬へと移行してきます。薬が効かなくなると言うことは薬を血液に吸収させることが出来ないくらい腸が冷え機能が低下したと言うことになります。なので強い薬へと移行して行くのです。これを続けて行くとやがて腸は完全に冷やされなんの薬も効かなくなってしまいます。このようにボストンテリアの腸は冷やされ機能が低下して行くので第二の脳と言われる腸が機能しなくなりお尻から老廃物等を排泄できなくなります。ボストンテリアに限らず犬は食べることよりもお尻から排泄することが命を守る方法だと知っていますので必死て排泄しようと頑張りますが冷えてうまく腸が動いてくれず必死で力むことで毛細血管が切れ血便となって排泄されているのです。
 
のボストンテリアの血便は鮮血だったと言うことなので間違いないと思います。今回のボストンテリアにはフードを完全やめ冷えた腸をしっかり温めなすことでスムーズに排泄させて行くことをアドバイスしました。ボストンテリアの飼い主さんもしっかり納得してもらい早速ナノワンを始めることになりました。まずはボストンテリアの食べっぷりをお電話又はLINEでご報告いただき、食事の作り方のポイント、そして便の写真を随時送ってもらうことで二人三脚でボストンテリアの血便の回復に務めて行くことになります。今回のボストンテリアはかなりの薬を飲ませていますのでお尻からしっかり排泄出来るかどうか、そしてこのまま食欲と元気が続くのかによって変わってきます。今回のボストンテリアの血便はこのような経緯によって起こった血便ですが、その子その子によって血便の原因は大きく変わってきます。
 
ストンテリに限らず犬の血便には必ず理由がありますので愛犬の血便で悩む方はまずは酷くならないうちにご相談ください。もちろん全ての血便の子が回復したとは言えませんが、食欲と元気があれば大いに可能性はあるのではないかと思います。フレブルの子の体験を載せていますのでよろしければ読まれてください。ボストンテリアの血便で悩む飼い主さんはまずは日頃から腸を温めて腸の活動を活発にする食事を与えて見られてはどうでしょうか。
 
ナノワンは健康の基本である腸の冷えを取り除く食事です。ボストンテリアの下痢はその子のこれまでの食生活や生活環境で大きく変わってきますのでアドバイスも異なります。是非一度、無料相談にご連絡ください。
 
初回無料相談ではアドバイスはさせていただきますが、商品のご注文は一切受け付けておりませんので安心してご連絡ください。
 
※ラクト・ラボでは決して強引な営業・しつこい勧誘など行いませんのでご安心ください。
今すぐ電話をかけて相談する

 

 
image-llkl-taiken-rei01生後8ヶ月のフレンチブルドッグに突然訪れる止まらない血便。成長とともに血便は改善するだろうと思っていたが一日9回もの血便が続いた、病院通いを余儀なくされいくつもの検査をしてみるものの原因はわからず最後にはポタポタ垂れる血便に。