フレンチブルドッグの下痢の対処を間違えるとアルブミン低下に!

フレンチブルドッグの下痢から分かったアルブミン低下。

 
先日はご丁寧な対応とわかりやすいご説明を頂きありがとうございました。希望が出てきました。ご連絡から3ヶ月経ちましたが坂田様とのLINEでのやり取りが我が家のフレンチブルドッグを救ってくれました。ナノワンは生涯の友としてこれからも続けて参ります。
 
10歳になるフレンチブルドッグを飼っています。我が家のフレンチブルドッグ は小さい頃からお腹が弱く特に季節の変わり目になると必ず下痢を繰り返してしまいます。病院で下痢をする度にフレンチブルドッグに下痢止や抗生物質を飲ませ乗り越えてきました。しかし今年に入りフレンチブルドッグの下痢の回数が増え血混じりの下痢をする様になったので慌てて病院に連れていき血液検査をした所、アルブミンという数値が基準値以下の1.4であることがわかり病院の先生から「とても危険な状態で直ぐにでも入院して詳しい検査をした方がいい、命に関わりますよ!」と言われ、頭が真っ白になりパニックになりました。
 
かし即答はせず、「主人とも相談します」と一時フレンチブルドッグを連れて帰ってきました。帰ってきてからフレンチブルドッグのアルブミンについて調べてみると先生がおっしゃっていた様にとても重い病気で最悪の場合は死に至るといことが書かれていました。フレンチブルドッグではありませんがアルブミン低下で奮闘の末亡くなった子のブログも拝見し、とても怖くなりました。これまでフレンチブルドッグは下痢はするものの他に病気らしい病気など一度もしたことがなく食欲も元気も変わらずあります。なぜうちのフレンチブルドッグだけが?と今だに信じられません。
 
れからどうしたらいいのか?主人の帰りを待ち主人に一連の内容を説明して相談しました。すると「病院に任せた方がいいのではないか!」と言われました。ですがアルブミン低下は治らないと言われているのに病院で治せないのに薬漬けになって苦しむんじゃないか?と不安でたまりませんでしたが主人の言う通りにフレンチブルドッグを病院にお願いすることにしました。入院はとても怖かったので通院という形でフレンチブルドッグの下痢とアルブミン低下治療をお願いしました。
 
院からは「先ずはフレンチブルドッグのアルブミンの数値を上げないと命に関わるのでステロイドを1日3錠飲ませる様に」とのことで2週間飲ませて様子をみることにしました。2週間後に血液検査をしてフレンチブルドッグのアルブミン数値を見てもらったところ.2.2まで回復していました。下痢も殆どしなくなりました。先生も「薬が効いていますね!」と、このまま更に1週間フレンチブルドッグの様子を見て行くことになりました。結局その後1ヶ月半頃までフレンチブルドッグのアルブミンは2.6まで回復し下痢も全くせず順調でした。でも頭の中では「治らない病気、死んでしまうのではないか?」と不安は付きまとっていました。
 
安は的中し、2ヶ月あたりからフレンチブルドッグの様子がおかしくなり急に下痢をする様になってきました。まだ食欲と元気はあるもののいつもと違っていました。それからフレンチブルドッグの下痢は一向に止まることなく酷い時は血便や水下痢をしました。下痢が止まらないので直ぐにフレンチブルドッグを病院に連れて行き診てもらったらアルブミンは1.2と一気に下がってしまい、「このままだと数ヶ月も持たないかもしれない」と言われ、更に肝臓の数値も一気に上がっていました。先生から「フレンチブルドッグの肝臓も悪くなっていますのでこれ以上薬を増やすことは出来ません。このまま様子をみるか、希望であれば大学病院を紹介しますがどうしますか?」と言われ、「それはもう死ぬのを待てとう言うことですか?」と聞くと、先生は「そうですね、これ以上は私の病院では難しい」とはっきり言われました。
 
う八方塞がり状態で何も手につかずただただ悩んでいました。主人も相当責任を感じてる様子でした。問題はこれから我が家のフレンチブルドッグとどう向き合って行くべきか?このまま諦めるのかどうか、主人とも朝まで話し合い、とにかく諦めずに治らなくでもいいので苦しまずに楽しく過ごせることだけ考えて二人でとにかく同じフレンチブルドッグで下痢やアルブミン低下で苦しんでいる飼い主さんがいないか探すことにしました。下痢は止まりませんがもう薬は飲ませることを止めました。
 
索し始めて二日後に主人から連絡があり「このサイトを見てくれ」と言われ、それがナノワンのホームページでした。主人も仕事の合間にずっと調べていたらしく半信半疑とは言え、書いてあることが凄く納得できたから・・・と。早速、連絡させて頂きました。しかし3回かけても話中、4回目でやっと繋がり坂田様と直接お話しすることができました。
 
レンチブルドッグのアルブミン低下で上記の様に悩んでいることをお話しさせて頂き、その後にフレンチブルドッグに限らずアルブミンが低下する理由、下痢の意味、犬を飼うのと育てるの違い、飼い主のエゴ、ナノワンの使い方、考え方、約40分間わかりやすく丁寧にご説明頂きました。「直ぐに送って欲しい、直ぐに使いたい、」とお願いしましたが、坂田様から「初めてのご相談では私の知り得る限りのアドバイスはさせて頂きますが、このお電話での注文は一切受けません。一度、お電話を切って頂き、ご主人様、ご家族とご相談され皆さんが同じ方向を向いた時にホームページからご注文ください。」と言われました。その言葉にも凄く信用できました。
 
族に坂田様から聞いたお話をしてみんなでフレンチブルドッグの下痢とアルブミン低下を改善してあげようと一致団結しサイトの方からお得用の300gを即注文させて頂きました。レシピを参考に作り与えた所、驚くほどに一気に完食しLINEで直ぐにご報告させて頂きました。すると直ぐにお返事がきて作りかたのポイントを写真や動画で送って頂きとても参考になりました。「今はとにかく腹一杯食べさてください、そして便の写真も送ってください」と毎日送り続けました。土曜、日曜、GW中もしっかりフォローして頂きました。
 
ノワンを使い始めて3ヶ月と少し毎日黒い便や柔らかい便、時には下痢、今まで見たことのない便をしていますが日に日に元気になって行き体重も増えてきました。そして久しぶりに血液検査をしました。全て正常値でした。病院の先生も不思議がっていましたが何も言わず帰ってきました。とても嬉しく家庭の雰囲気も明るくなりとても幸せな日々を送っています。初心を忘れずあの時の苦しみを忘れずナノワンと共にフレンチブルドッグをしっかり育てて行きたいと思います。まだまだしっかり排泄させて行きます。本当にありがとうございました。
 

フレンチブルドッグのアルブミンは改善はナノワンを理解すことから。

 
今回お話しさせていただきます内容は医学的根拠等は全くございません。自らこれまでに約2,000頭以上のあらゆる病状症状等、また便の状態等を見てきた結果。又改善した子達、残念ながら改善することが出来なかった子達の私自身の体験等含めた見解、アドバイスとなりますことをご了承ください。
 
回、ご相談いただきました。フレンチブルドッグのサスケちゃんが下痢とアルブミン回復に至った大きな原動力は飼い主さんにあると思います。下痢の意味やフレンチブルドッグに限らずアルブミンが低下する理由、ナノワンの意味、全てをしっかり理解され毎日LINEでご報告させて来られたことです。一番多いのが理解ぜずに、単に腸を温めればいいと思い、ナノワンを使わずにトロミがあればいいのだからと近くのスーパーで屑や片栗粉でとろみをつけて与える飼い主さんも実は多くいらっしゃいます。でもそのほとんどが温めるだけですのでやがて臓器に大きなダメージを与え、再起不能になり再度ご相談いただいた時はどうすることも出来ない状態となりナノワンの使用をお断りさせていただいた例がたくさんあります。
 
ので今回の飼い主さんの様にしっかり説明を聞かないと助かる命も助けることが出来なくなります。また、フレンチブルドッグのサスケちゃんはしっかり食べてくれたことですね!やはりナノワンは食べてくれなければ何も始まりません。今まで多くのアルブミン低下のワンちゃん達を診てきましたが、そのほとんどがステロイドでアルブミンの数値を上げてきたワンちゃんばかります。このアルブミン低下は確かに治らない病気と言われています。もちろんこれまでにも回復することができず残念な結果になってしまったワンちゃん達もたくさんいます。なので今回のフレンチブルドッグの様に絶対に回復するとは申し上げることはできません。
 
番気になりますのが、このような治療を続けて食欲が奪われてしまうことです。そうなりますと手の施しようがありませんので現段階でフレンチブルドッグのアルブミンが低い状態で薬を飲んでいても食欲がある場合は是非一度ご相談ください。なぜ薬を飲ませてフレンチブルドッグのアルブミンを上げようとすると酷くなるのかは【犬の蛋白漏出性腸炎によるアルブミン低下、諦めるのはまだ早い!】でご説明していますのでご覧ください。今回のフレンチブルドッグのアルブミン低下の大きな原因は冷えによる排泄困難です。アルブミンは自身の力で上げさせなければいけません。そのためには冷えた腸を温め続けお尻から腸内に蓄積しているフードの油や老廃物をしっかり排泄させてあげることが大事です。ナノワンは腸の冷えを取り除く食事です。フレンチブルドッグのアルブミンで悩む飼い主さんはまずは日頃から腸を温めて腸の活動を活発にする食事を与えて見られてはどうでしょうか。

 
ナノワンは健康の基本である腸の冷えを取り除く食事です。フレンチブルドッグのアルブミン低下はその子のこれまでのスレロイドの投与量、投与期間で大きく変わってきますのでアドバイスも異なります。是非一度、無料相談にご連絡ください。

 
初回無料相談ではアドバイスはさせていただきますが、商品のご注文は一切受け付けておりませんので安心してご連絡ください。

 

※ラクト・ラボでは決して強引な営業・しつこい勧誘など行いませんのでご安心ください。
今すぐ電話をかけて相談する

 

 
image-llkl-taiken-rei011年続いた下痢が止まらずアルブミンは1.1、死に至ると宣告。思い切って食事療法を決意したが獣医からはサプリメントで治るレベルではないと言われる。だが飼い主さんの強い気持ちが運命を変える。瀕死の状態から奇跡的に回復したミックス犬の体験記です。

 
image-llkl-taiken-rei01嘔吐をきっかけに病院へ、逆流性食道炎との診断で何種類かの薬を出されたタロちゃん、血液検査ではアルブミン1.9、タンパク喪失性腸症(リンパ管拡張症)と診断されるが悪化。アルブミンも1.7へ、そんな解決策もないタロちゃんが回復した体験記です。

 
image-llkl-taiken-rei01蛋白漏出性腸炎によるアルブミン1.7、リンパ腫であれば手の施しようがないと言われ内視鏡検査を言われるがままに承諾。勇気を出してラクトラボの坂田さんに電話した事で内視鏡検査を回避し健康を取り戻したトイプードルのももちゃんも回復体験記です。

 
image-llkl-taiken-rei01IBD(蛋白漏出性腸炎)と診断され、余命宣告まで受けてしまったボストンテリアのユリちゃん、それから薬漬けが始まり体重は半分、アルブミンは1.3、腹水、更に心臓まで悪くなっていく、既に後2週間の命と告げられる。そんな、薬害ともいえる状態から奇跡的に回復した体験記です。

 
image-llkl-taiken-rei01余命3週間と宣告され,診断結果は蛋白漏出性腸炎。アルブミン1.3、総蛋白2.9。毎年3回も血液検査をしていたトイプードルのぶらんちゃん。ナノワンと出会い薬を全て止め、アルブミン2.8、総蛋白6.4に回復した体験談です。

 
image-llkl-taiken-rei01何度も繰り返す下痢、骨が丸見えになる程の体重激減、リンパ拡張症、炎症性腸炎と診断。総タンパク3.8、アルブミン1.7、腹水も貯まり全身冷たく死んだような状態から回復したフレンチブルドッグの体験記です。

 
image-llkl-taiken-rei017才で急に始まったドロ状の下痢。ストレスの疑いに始まり、誤診による膵臓疾患、子宮の疑いによる開腹手術による子宮、卵巣の全摘、アルブミン0.9、最後はステロイドも効かなくなり打つ手がない状態。こんな状態から見事に回復した涙溢れる体験記です。

 
image-llkl-taiken-rei01健康診断を受け、TP4.1、アルブミン1.8と数値が悪く病院通いをすることになった。医者の言われるがままに通院するが最後は止まらない噴水下痢をするまでに悪化してしまう。飼い主の「絶対に病気じゃない!!」という信念がパイちゃんを改善させる原動力となった。