ビーグルのアルブミンは薬で上げようとすればするほど下がっていく。

 

ビーグルの下痢を薬で止めてきたことがアルブミン低下に繋がっていた。

 
5歳のビーグルを飼っています。我が家のビーグルはもともとお腹が弱く下痢をする度に病院で下痢止を飲ませていました。間隔は大体2ヶ月に一度の頻度で下痢をしてました。ですが一年前くらい前から徐々にビーグルの下痢の頻度が狭まり1週間に一度の割合で下痢をする様になってきました。またいつも治っていた下痢止が効かなくなり半年前から抗生物質を飲ませる様になりました。ところがビーグルの下痢がだんだんひどくなって行きとうとう抗生物質も効かなくなり1ヶ月前にビーグルを病院へ再度連れて行き先生に相談したところ、ビーグルの血液検査をされました。するとビーグルのアルブミンという数値が1.3まで下がっておりとても危険な状態だと聞かされ我が耳を疑いました。
 
ンパク漏出性腸炎という病気でこのままでは命が危ないと言われました。頭の中が真っ白になりビーグルは下痢はするものの食欲も旺盛で元気もありました。一体ビーグルに何が起こったのか理解できませんでした。先生からは、「これからビーグルのアルブミンをあげることに専念しないと命が危ないから今日からステロイドを飲ませてアルブミンの数値を上げて行きましょう」と言われ、ビーグルのアルブミンが上がれば良くなるのか?と聞くと「それは状態を見ていかないとわかりません。他の病気の疑いもあるので。」と言われました。ですが今はビーグルのアルブミンを上げるほか方法がないので先生の言われる様にビーグルに1日2錠のステロイドを1週間飲ませることにしました。
 
して1週間後に再度ビーグルの血液検査をすることになりました。とにかく命に関わる様な病気になっていたなんて本当に信じられませんでした。1週間後のビーグルの検査を目標にしっかり飲ませて行きました。すると1週間後の検査でアルブミンが2.2まで上がっていました。先生も「このままビーグルのアルブミンが上がっていけば良い結果が出そうですね!」と言われ更に1週間ビーグルに飲ませて行きました。1週間後、検査でビーグルのアルブミンは何と2.7まで上がりほぼ正常値になっていました。先生も喜んでくださり「明日から1日1錠に減らしてこのままビーグルの様子を見ていきましょう」と言ってくださりとても嬉しかったことを思い出します。
 
かしこの1週間後あたりから今まで止まっていたビーグルの下痢が始まってきました。すぐに病院に連絡して相談しましたらステロイドも元の2錠に増やすように言われました。ビーグルに元の量に戻して三日間は下痢は止まりましたが四日後から今度は水状の下痢に変わっていきました。とても不安になりビーグルを連れて病院に行きました。年の為にと血液検査をしたところアルブミンが元の数値よりも低い1.1まで下がりおまけにお腹に腹水も溜まりかけていると言われ、ステロイドの量を3錠に増やしてアルブミンを上げないとビーグルは死に至ると言われました。もうどうしていいのかわからず「この子は助かりますか?このまま薬を飲ませて治りますか?」と聞くことしか出来ず。先生からは「わかりません。もしご希望であれば大学病院を紹介しますけど」と言われ、これ以上ステロイドを飲ませても治らないのであれば苦しめるだけだと思い。薬はもらってビーグルを連れて帰りました。
 
の日の夜に家族と相談しこのままビーグルに薬を飲ませ続けることは辞めることにし、今ビーグルにできる精一杯の事をしてあげようと決めました。それから数日後、仕事中の娘から連絡があり「こんなのを見つけたから見て!自分は仕事中だから見れないから」と教えてもらったのが御社のナノワンでした。とても驚きました。うちのビーグルと全く同じ経緯でしかも病院から言われたことから何から何まで我が家のビーグルではないかと思うくらい同じでした。それも他の子たちの体験もです。また、坂田様のアルブミン低下の理由、改善方法など読ませていただき、冷静に考えると当たり前のことしか言われていませんでした。もしかしたら我が家のビーグルもこの子達の様に元気になってくれるのではないかと思いご連絡させていただきました。
 
在のビーグルは病院からもらった薬は10間以上一切与えておりません。食欲もあり元気も変わらずあります。ご飯はこの際好きなものを与えようと食べるフードと白米やささみやサツマイモ、キャベツなどを与えています。便の状態はずっと下痢をしています。どうか我が家のビーグルをお助けください。よろしくお願いいたします。という様な内容をメールで送りました所、数分後に「内容は把握しました。よろしければお電話ください」とお返事があり直ぐにご連絡させていただきました。
 
ても親切に説明をわかりやすくしていただき、ビーグルのアルブミン低下の理由をしっかり理解することができました。今までビーグルにしていたことが反対に苦しめていたことを知りすごく反省しました。約30分お話をさせて頂き納得させられとても親切にお話ししてくださいました坂田様に心から感謝しました。最後には希望の光もくだいました。ナノワンの使い方や考え方も伺い「今のビーグルは食欲もあるので直ぐに300gを送って欲しい」とお伝えしました所、「初めてのお電話でのご注文は受けていません。一度お電話を切って頂きご家族の皆さんとしっかりご相談されてください。ご家族の協力なしにビーグルを良い方向へ持っていくのは不可能です。皆んの方向性が一つに決まった時点で初めはホームページからご注文ください。」とのことでした。このご対応にも関心しました。アドバイスは買う買わない全く関係なしに我が家のビーグルに惜しみなくお話ししてくださいました。
 
の夜に家族と話し合い一瞬でナノワンにかけることになりその日の夜に直ぐに300gを注文しました。その後、LINEにて食事の完成写真、便の写真を毎日送り続けました。ナノワンを初めて2ヶ月、食欲は変わらずナノワンご飯を毎日腹一杯食べてくれています。便は軟便だったり下痢だったり、見たこともない様な便をしたりと繰り返していますが毎日のLINEでの坂田様とのやり取りで不安は全くありません。ですが、最近は体重が増えてきて目にも力強さを感じる様になってきました。アルブミン低下は治らない病気と言われ治らずに亡くなった子達をたくさん見てきたと坂田様もおっしゃっていましたが、同等に回復して元気に過ごしていることもたくさんいますと体験の子達もそうですが、実際にLINEでのアルブミン低下の子達のやりとりもLINEでお話ししながら見せてもらいましたがその数にびっくりしました。同じ様に悩み苦しみ坂田様と御縁され回復したワンちゃん達、飼い主様を目標にしっかりナノワンを食べさせて頑張って行きたいと思います。
 
後になりますが、同じ病気で悩んでいる方は絶対に坂田様の説明を聞いてから使ってください。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 
ナノワンは健康の基本である腸の冷えを取り除く食事です。ビーグルのアルブミン低下はその子のこれまでのスレロイドの投与量、投与期間で大きく変わってきますのでアドバイスも異なります。是非一度、無料相談にご連絡ください。

 
初回無料相談ではアドバイスはさせていただきますが、商品のご注文は一切受け付けておりませんので安心してご連絡ください。

 

※ラクト・ラボでは決して強引な営業・しつこい勧誘など行いませんのでご安心ください。
今すぐ電話をかけて相談する

 

 
image-llkl-taiken-rei011年続いた下痢が止まらずアルブミンは1.1、死に至ると宣告。思い切って食事療法を決意したが獣医からはサプリメントで治るレベルではないと言われる。だが飼い主さんの強い気持ちが運命を変える。瀕死の状態から奇跡的に回復したミックス犬の体験記です。

 
image-llkl-taiken-rei01嘔吐をきっかけに病院へ、逆流性食道炎との診断で何種類かの薬を出されたタロちゃん、血液検査ではアルブミン1.9、タンパク喪失性腸症(リンパ管拡張症)と診断されるが悪化。アルブミンも1.7へ、そんな解決策もないタロちゃんが回復した体験記です。

 
image-llkl-taiken-rei01蛋白漏出性腸炎によるアルブミン1.7、リンパ腫であれば手の施しようがないと言われ内視鏡検査を言われるがままに承諾。勇気を出してラクトラボの坂田さんに電話した事で内視鏡検査を回避し健康を取り戻したトイプードルのももちゃんも回復体験記です。

 
image-llkl-taiken-rei01IBD(蛋白漏出性腸炎)と診断され、余命宣告まで受けてしまったボストンテリアのユリちゃん、それから薬漬けが始まり体重は半分、アルブミンは1.3、腹水、更に心臓まで悪くなっていく、既に後2週間の命と告げられる。そんな、薬害ともいえる状態から奇跡的に回復した体験記です。

 
image-llkl-taiken-rei01余命3週間と宣告され,診断結果は蛋白漏出性腸炎。アルブミン1.3、総蛋白2.9。毎年3回も血液検査をしていたトイプードルのぶらんちゃん。ナノワンと出会い薬を全て止め、アルブミン2.8、総蛋白6.4に回復した体験談です。

 
image-llkl-taiken-rei01何度も繰り返す下痢、骨が丸見えになる程の体重激減、リンパ拡張症、炎症性腸炎と診断。総タンパク3.8、アルブミン1.7、腹水も貯まり全身冷たく死んだような状態から回復したフレンチブルドッグの体験記です。

 
image-llkl-taiken-rei017才で急に始まったドロ状の下痢。ストレスの疑いに始まり、誤診による膵臓疾患、子宮の疑いによる開腹手術による子宮、卵巣の全摘、アルブミン0.9、最後はステロイドも効かなくなり打つ手がない状態。こんな状態から見事に回復した涙溢れる体験記です。

 
image-llkl-taiken-rei01健康診断を受け、TP4.1、アルブミン1.8と数値が悪く病院通いをすることになった。医者の言われるがままに通院するが最後は止まらない噴水下痢をするまでに悪化してしまう。飼い主の「絶対に病気じゃない!!」という信念がパイちゃんを改善させる原動力となった。