犬の蛋白漏出性腸炎は下痢を止め続けることから発症する。

犬の蛋白漏出性腸炎は下痢の対処と遺伝を知ることが改善に繋がる

今回お話しさせていただきます内容は医学的根拠等は全くございません。自らこれまでに約2,000頭以上のあらゆる病状症状等、また便の状態等を見てきた結果。又改善した子達、残念ながら改善することが出来なかった子達の私自身の体験等含めた見解、アドバイスとなりますことをご了承ください。
 
年に入り犬の蛋白漏出性腸炎、アルブミン低下でのご相談がとても増えてきています。昨年のこの時期と比べますと蛋白漏出性腸炎のご相談はほぼ2倍になっています。更に深刻なのがこれまでは犬の蛋白漏出腸炎は10歳前後が多かったのですが去年、今年と蛋白漏出性腸炎は5歳前後の犬が多くなってきています。蛋白漏出腸炎の低年齢化ですね!でもこれは納得できることでもあります。ひとつは遺伝によるものですので子孫に行けば行くほど凝縮され酷くなって行きますから低年齢化するのは理解できます。この遺伝と蛋白漏出腸炎については後で触れて行きます。
 
常に多くなってきた犬の蛋白漏出性腸炎ですが、現在私のLINEには600名を超える飼い主様が登録されております。連日便の写真を送ってもらい便の状態、食欲、元気を見ながらアドバイスを行っていますが、実のその半分300頭が蛋白漏出性腸炎の犬達なんです。その殆どがナノワンを使う前に事前にお電話でご相談された方々です。今の蛋白漏出性腸炎と診断されるまでの経緯をしっかり伺いますが、ほとんどが下痢から始まっているのです。そして長年かけて下痢になると薬で止め、を繰り返し数年後に下痢が止まらなくなって病院で血液検査をした時に蛋白漏出性腸炎と診断されています。蛋白漏出腸炎で酷い子は既に腹水も溜まりアルブミンは1.0前後まで下がってしまった子もいます。まだこの最初の蛋白漏出性腸炎と診断された時にご相談があれば良いのですが、それは稀でして、しばらくは蛋白漏出性腸炎によるアルブミンを上げる為にステロイドを飲んで行きます。初めは上がるのですがそのうちに下がって行き薬の量は増えて行きます。この時点でのご相談が一番多いのです。なので残念な結果になってしまった子も多く存在します。中には奇跡的に回復した子もいますが本当に少数です。
 
の世界にワクチンが入ってきて数十年経ちます。一年でワクチン、狂犬、フィラリア、その他の薬で薬害になり冷やされた犬達から生まれてきた子孫にあたります。これは放射能と同じで子孫に行けば行くほど凝縮され酷くなって行きます。そのハンディを持ってこの世に生まれてきて更に追い討ちをかける様に薬を打って行きます。この遺伝による冷えでどんな影響が出るのかと言いますと命を守るとても大切な【 排泄 】が困難になってしまうのです。命を守る一番は食べることではなくこの排泄なんです。この排泄が命を守る一番大切だということを犬は知っています。これが長年かけて出来なくなる事で犬達は必死でお尻から排泄しようと頑張りますが腸が冷えて思う様に排泄できないのです。なので排泄したい長年蓄積している老廃物の隙間からしか出せない水分、粘膜、粘液を多く含んだ物をお尻から排泄しているんです。それを下痢と言っているんです。
 
の下痢を再度止めに入りますから余計に排泄出来なくなってしまい腸の大きな負担をかけてしまいます。犬は苦しみ逆効果になりその結果治らない病気と言われる蛋白漏出性腸炎へと繋がってしまいます。更に更に蛋白漏出性腸炎になる事でアルブミンがどんどん低下していきますのでステロイドで数値を上げにかかりますね。ステロイドは下痢が止まらない子にも処方される薬ですのでアルブミンを上げるために飲ませたステロイドは同時にお尻からの排泄も止めてしまいます。蛋白漏出性腸炎によるアルブミン低下はこれまでの積み重ねにより起こった事で蛋白漏出腸炎は今始まった事ではないわけです。それをこれまでの積み重ねの部分はそのままにして数値だけ無理やりを上げようとし、同時にお尻からの排泄も止められるのですから犬達からするととても迷惑な話となります。なのでやがて八方塞がりになってしまうのです。
 
痢は止めてはいけない・・という話をよく耳にしますが、それは4、50年前の番犬として外で飼われていた犬達に当てはまる事なのです。その頃はまだワクチンやフィラリアはなく狂犬があるかないかという時代でこの頃の犬達は腸が冷えていなかったのです。なので下痢をしてもそのままして出し切ると元に戻っていました。現代の犬達と全く違うのです。
 
は、現代治らない病気と言われています蛋白漏出性腸炎は絶対に治らない病気なのでしょうか?私の実体験からしますと絶対ではないと確信しています。ただご相談いただいた時点での蛋白漏出腸炎の状態で大きく変わってきますので是非、愛犬の蛋白漏出性腸炎、低アルブミンでお悩みの方は勇気を出してご相談ください。私がこれまでに蛋白漏出腸炎の子達を見てきた経験から話せる内容をアドバイスとしてお話しさせていただきます。また初めてのご相談では一切ご注文は受け付けていませんのでご安心ください。

 
ナノワンは健康の基本である腸の冷えを取り除く食事です。犬の蛋白漏出性腸炎はその子のこれまでのステロイドの投与量、投与期間で大きく変わってきますのでアドバイスも異なります。是非一度、無料相談にご連絡ください。

 
初回無料相談ではアドバイスはさせていただきますが、商品のご注文は一切受け付けておりませんので安心してご連絡ください。

 
※ラクト・ラボでは決して強引な営業・しつこい勧誘など行いませんのでご安心ください。
今すぐ電話をかけて相談する

 

 
image-llkl-taiken-rei011年続いた下痢が止まらずアルブミンは1.1、死に至ると宣告。思い切って食事療法を決意したが獣医からはサプリメントで治るレベルではないと言われる。だが飼い主さんの強い気持ちが運命を変える。瀕死の状態から奇跡的に回復したミックス犬の体験記です。

 
image-llkl-taiken-rei01嘔吐をきっかけに病院へ、逆流性食道炎との診断で何種類かの薬を出されたタロちゃん、血液検査ではアルブミン1.9、タンパク喪失性腸症(リンパ管拡張症)と診断されるが悪化。アルブミンも1.7へ、そんな解決策もないタロちゃんが回復した体験記です。

 
image-llkl-taiken-rei01蛋白漏出性腸炎によるアルブミン1.7、リンパ腫であれば手の施しようがないと言われ内視鏡検査を言われるがままに承諾。勇気を出してラクトラボの坂田さんに電話した事で内視鏡検査を回避し健康を取り戻したトイプードルのももちゃんも回復体験記です。

 
image-llkl-taiken-rei01IBD(蛋白漏出性腸炎)と診断され、余命宣告まで受けてしまったボストンテリアのユリちゃん、それから薬漬けが始まり体重は半分、アルブミンは1.3、腹水、更に心臓まで悪くなっていく、既に後2週間の命と告げられる。そんな、薬害ともいえる状態から奇跡的に回復した体験記です。

 
image-llkl-taiken-rei01余命3週間と宣告され,診断結果は蛋白漏出性腸炎。アルブミン1.3、総蛋白2.9。毎年3回も血液検査をしていたトイプードルのぶらんちゃん。ナノワンと出会い薬を全て止め、アルブミン2.8、総蛋白6.4に回復した体験談です。

 
image-llkl-taiken-rei01何度も繰り返す下痢、骨が丸見えになる程の体重激減、リンパ拡張症、炎症性腸炎と診断。総タンパク3.8、アルブミン1.7、腹水も貯まり全身冷たく死んだような状態から回復したフレンチブルドッグの体験記です。

 
image-llkl-taiken-rei017才で急に始まったドロ状の下痢。ストレスの疑いに始まり、誤診による膵臓疾患、子宮の疑いによる開腹手術による子宮、卵巣の全摘、アルブミン0.9、最後はステロイドも効かなくなり打つ手がない状態。こんな状態から見事に回復した涙溢れる体験記です。

 
image-llkl-taiken-rei01健康診断を受け、TP4.1、アルブミン1.8と数値が悪く病院通いをすることになった。医者の言われるがままに通院するが最後は止まらない噴水下痢をするまでに悪化してしまう。飼い主の「絶対に病気じゃない!!」という信念がパイちゃんを改善させる原動力となった。