ナノワンはアルブミンを自身の力で上げさせる食事です。

治ったと思ってナノワンをやめて半年でアルブミン低下に。

 

田様、大変ご無沙汰しております。フレンチブルドッグ 桜の飼い主です。2016年3月から2018年4月まで約2年間ナノワンを愛用させていただいていました。ナノワンを使い始めるときに下痢、アルブミン1.6、食欲も元気もなく12kgあった体重が8.8kgまでなっていた時でした。お電話でナノワンについて丁寧にわかりやすく説明していただいたお陰で続く下痢や軟便をLINEで見ていただき安心して乗り越えることが出来ました。それもこれも坂田様のアドバイスとナノワンのお陰だと感謝しております。
 

2ヶ月程で食欲は徐々に上がりナノワンご飯をしっかり食べてくれるようになってから徐々に体重も増えてきました。その後半年ほどナノワンを食べて黒い老廃物を巻きつけて排泄するようになりうんちも下痢は全くなくしっかりしたうんちに変わってきました。ナノワンを食べ始めて約一年後に血液検査をしたときに1.6だったアルブミンが2.6まで回復していました。その時の嬉しさと感動は今でも残っています。薬も全く飲まずここまで回復したことに家族も大変喜び「ナノワンは一生物だね!」って話していました。
 

れからナノワンご飯をたくさん食べる姿、元気よく散歩に行く姿、近所の方からは痩せていた時の桜を知っていますので「なんかブルドッグみたいにガッチリしたね!」と笑いながら話すことも増えました。そんなナノワンご飯生活にいつしか慣れてしまったのか?当たり前に感じるようになっていきました。少しづつ坂田様にLINEをすることから遠ざかっていき、「もう完全に治っている」と思うようになりました。家族とも話をして「もうナノワンは辞めてもいいんじゃないか」となり2018年4月からはナノワンを辞めて手作り半分フード半分にして食べさせていました。本当にごめんなさい。アルブミン低下は病院でも治らない病気と言われた桜をここまで治してくれたのに裏切るようなことをしてしまいました。反省。
 

れから3ヶ月ほどは特に変化もなく体調も良く全く問題ありませんでしたが7月の終わりあたりから徐々にうんちが柔らかくなりその1ヶ月後の8月の終わりには完全な下痢になりました。少し血も混ざっていました。それを境に食欲も段々と減っていき体重も減ってきました。9月に入り状態は変わらずで見るだけでわかるくらい昔の桜のようになっていきました。10月に入り直ぐに病院に連れて行ったら先生から「痩せて元気がないですね!」と言われ血液検査をしてもらうと何とアルブミンが前回と同じ1.6まで下がっていました。さらに肝臓も悪くなっていました。
 

院からは以前からナノワンを使っていたことを知っておられてましたので聞かれました。4月から辞めていたことを伝えると「アルブミンも肝臓も悪くなっているので薬は必要ですが一度ナノワンで改善しているのでもう一度相談されてナノワンを始めて見てください」と言われました。一瞬「えっ!」と思いましたが、先生からお話を聞くと「桜ちゃんと同じアルブミンが下がっている子が他に二頭いてこの子達もナノワンを紹介して今は安定しているんですよ!」と言われました。その言葉を聞いて再度坂田様にご相談して出来るものならもう一度ナノワンで桜を救って欲しいと思いご連絡させていただきました。

 

ナノワンは現代の犬達には欠かせない食事なので継続が必要。

回このようなご相談がありましたが、このメールを見て直ぐにLINEで1時間ほどお話をさせていただきました。この内容を記事にさせていただくことも了承いただきましたので今回アップさせていただきました。実はこのようなナノワンを辞めるケースは稀ではなくとても多いんです。私は基本的にナノワンをお休みしたり辞められても一切私の方からご連絡はしていません。なのでナノワンを辞めて3ヶ月後、半年後、一年後、長い方で3年後に再度ご連絡頂くことがあります。
 

回の桜ちゃんは再度ナノワンご飯を与えて2週間ほどになりますが食欲は排泄と共に少しづつ上がってきている段階です。便の状態は下痢です。黒い臭い老廃物を必死に頑張ってお尻から排泄してくれています。一度経験されていますので何の不安もなくしっかりも守ってくださっています。このままいけば徐々に便の濁りも減っていき排泄し切ってくれると思っています。

 
回は桜ちゃんの年齢がまだ6歳ということもあり良かったと思っていますが、10歳あたりになってからは排泄には体力を必要としまうので取り戻すのにとても大変です。中には残念な結果になってしまった子もたくさん存在します。また、一番多いのが、治ったと勘違いされ「ナノワンは高いからとろみがあればいいから」と近くのスーパーやネットで葛を購入し与えている方がいるんです。お気持ちはとてもわかりますがとろみがあればいいのであればこんなに高くありません。笑。
 

ので愛犬の下痢や血便、嘔吐、IBD、アルブミン低下などで「ナノワンを試して見ようかな!」と思われたら必ずお電話で事前にご相談をいただきたいのです。その時に「なぜ腸を温めるだけではいけないのか?」もしっかりご説明させていただいています。また、「なぜそのような下痢をするようになったのか?なぜアルブミンが下がってきたのか?」などその子の病状症状に合わせて全てアドバイスさせて頂いています。「相談をすると買わされる」などの不安はあるかと思いますがナノワンをネットで販売させていただき8年を過ぎましたが初回注文は一度もお電話で受けたことはありません。説明を聞かれて判断するのは飼い主様です。
 

た、愛犬は家族です。やはりお電話でお話を聞いて直ぐに飛びつくのではなくご同居の方、ご家族の皆様としっかりご相談していただきたいという願いがあるからです。安心してご相談ください。但し受付時間があります【平日10時〜16時まで】、一度使い始めますとLINEでフォローをしていますがLINEに関しましては【年中無休】です。是非、ご活用ください。

 
アルブミン低下でお悩みの方は【犬の蛋白漏出性腸炎によるアルブミン低下、諦めるのはまだ早い!】でご説明していますのでご覧ください。

 
犬のアルブミン低下の大きな原因は腸の冷えによる排泄困難です。アルブミンは自身の力で上げさせなければいけません。そのためには冷えた腸を温め続けお尻から腸内に蓄積しているフードの油や老廃物をしっかり排泄させてあげることが大事です。ナノワンは腸の冷えを取り除く食事です。犬のアルブミンで悩む飼い主さんはまずは日頃から継続して腸を温めて腸の活動を活発にする食事を与えて見られてはどうでしょうか。

 
ナノワンは健康の基本である腸の冷えを取り除く食事です。犬のアルブミン低下はその子のこれまでのステロイドの投与量、投与期間で大きく変わってきますのでアドバイスも異なります。是非一度、無料相談にご連絡ください。

 
初回無料相談ではアドバイスはさせていただきますが、商品のご注文は一切受け付けておりませんので安心してご連絡ください。

※ラクト・ラボでは決して強引な営業・しつこい勧誘など行いませんのでご安心ください。
今すぐ電話をかけて相談する

 

 
image-llkl-taiken-rei011年続いた下痢が止まらずアルブミンは1.1、死に至ると宣告。思い切って食事療法を決意したが獣医からはサプリメントで治るレベルではないと言われる。だが飼い主さんの強い気持ちが運命を変える。瀕死の状態から奇跡的に回復したミックス犬の体験記です。

 
image-llkl-taiken-rei01嘔吐をきっかけに病院へ、逆流性食道炎との診断で何種類かの薬を出されたタロちゃん、血液検査ではアルブミン1.9、タンパク喪失性腸症(リンパ管拡張症)と診断されるが悪化。アルブミンも1.7へ、そんな解決策もないタロちゃんが回復した体験記です。

 
image-llkl-taiken-rei01蛋白漏出性腸炎によるアルブミン1.7、リンパ腫であれば手の施しようがないと言われ内視鏡検査を言われるがままに承諾。勇気を出してラクトラボの坂田さんに電話した事で内視鏡検査を回避し健康を取り戻したトイプードルのももちゃんも回復体験記です。

 
image-llkl-taiken-rei01IBD(蛋白漏出性腸炎)と診断され、余命宣告まで受けてしまったボストンテリアのユリちゃん、それから薬漬けが始まり体重は半分、アルブミンは1.3、腹水、更に心臓まで悪くなっていく、既に後2週間の命と告げられる。そんな、薬害ともいえる状態から奇跡的に回復した体験記です。

 
image-llkl-taiken-rei01余命3週間と宣告され,診断結果は蛋白漏出性腸炎。アルブミン1.3、総蛋白2.9。毎年3回も血液検査をしていたトイプードルのぶらんちゃん。ナノワンと出会い薬を全て止め、アルブミン2.8、総蛋白6.4に回復した体験談です。

 
image-llkl-taiken-rei01何度も繰り返す下痢、骨が丸見えになる程の体重激減、リンパ拡張症、炎症性腸炎と診断。総タンパク3.8、アルブミン1.7、腹水も貯まり全身冷たく死んだような状態から回復したフレンチブルドッグの体験記です。

 
image-llkl-taiken-rei017才で急に始まったドロ状の下痢。ストレスの疑いに始まり、誤診による膵臓疾患、子宮の疑いによる開腹手術による子宮、卵巣の全摘、アルブミン0.9、最後はステロイドも効かなくなり打つ手がない状態。こんな状態から見事に回復した涙溢れる体験記です。

 
image-llkl-taiken-rei01健康診断を受け、TP4.1、アルブミン1.8と数値が悪く病院通いをすることになった。医者の言われるがままに通院するが最後は止まらない噴水下痢をするまでに悪化してしまう。飼い主の「絶対に病気じゃない!!」という信念がパイちゃんを改善させる原動力となった。