犬の下痢や血便は薬で止める治療が一般的ですが、実はこの下痢や血便を薬で止めて行くことで死に至る治らない病気になってしまう場合がとても多いんです。下痢や血便は飼い主をとても不安にさせる症状の一つですが、下痢や血便の裏に隠れている病気を知ることが大切です。薬はいつでも飲ませる事はできますのでまずは一度ご相談ください。

犬の下痢血便の改善は飼い主目線で考えてはいけない。

今回お話しさせていただきます内容は医学的根拠等は全くございません。自らこれまでに約2,000頭以上のあらゆる病状症状等、また便の状態等を見てきた結果。又改善した子達、残念ながら改善することが出来なかった子達の私自身の体験等含めた見解、アドバイスとなりますことをご了承ください。

しぶりの投稿になりますが、年々下痢や血便の低年齢化が続いています。4年ほど前は下痢や血便は10歳前後の子が多かったのですが、ここ2年ほど前から犬の下痢、血便は更に低年齢化し5歳前後が多くなってきました。ただ下痢や血便の低年齢化は正しい対処をすれば若いという特権でもある体力があるので回復の確率が高いのも事実です。この若さに食欲が伴えば更にです。この下痢や血便はは単に薬で止めても改善とはならない場合が多いんです。

れは現代では、犬の下痢や血便は同時に絶対に治らない病気と言われるタンパク漏出性腸炎になってしまっている場合があるからです。なので下痢や血便が始まった時には血液検査もされ血液検査項目にもあるアルブミンの数値を確認されることをお勧めします。もし、下痢や血便でアルブミン数値が下がっていれば今の動物医療ではステロイド治療となる場合が多いので慎重に対応されてください。アルブミンについてはこちらで詳しくお伝えしていますのでご参考にされてください。アルブミン低下の原因はこれまでの食生活と腸の冷えにあり。

は昔と違い血液検査を始め目で確認される数値やデータを見てしまう事で不安が募りついつい薬に頼ってしまいがちですね。それが全て悪いという事ではありませんが、一旦立ち止まって考える余裕もあった方が良いです。薬はいつでも始められますがご存知のように薬は治すものでは症状を抑えるものです。なので犬の下痢や血便は単に止めるという発想ではなく、先ず、「なんで急に下痢になったのか?血便になったのか?」これを病院にお尋ねされてください。その回答が納得できるのであれば良いと思います。でも単に「生まれつき、親の遺伝、食べ過ぎ、ストレス、内視鏡検査をしないとわかならい、・・・」など大雑把に感じた時は是非、ラクト・ラボ坂田へご相談ください。

痢や血便には必ず理由があります。犬の下痢や血便の初期対処がこれから楽しい犬生活をさせて行く上でとてもとても大事な事なんです。絶対に下痢や血便を軽く考えてはいけません。現時点で先ほどもお話しました。下痢や血便によるアルブミン低下によるタンパク漏出性腸炎で苦しんでいる子を約500頭以上の子を見させていただいています。毎日のようにLINEで食欲の有無、便の写真を送っていただき様子を飼い主様と二人三脚で経過を観察しています。

の子達には同じ共通点があります。それは、突然起こった【 下痢や血便を薬で止め続けていた 】のです。そのような状態になりどの時点でご相談があるかによってアドバイスは変わりますが、すでに食欲を奪われしまったときはある程度の覚悟は必要だと思います。そうならない為にも下痢や血便についてしっかり考えて頂きたいと願っています。先ほども触れましたが、現代は設備も充実し検査による数値がはっきり見える事でいつの間にか数値=健康基準となってきましたが、それと共に下痢や血便のご相談の次に多い内容は「血液検査では全く異常はないのに食欲と元気がないんです」という内容なんです。

さんはとのように思われますか?もちろん病院でも「血液検査では異常はないのでわからない」と言われたそうです。果たして健康なのでしょうか?因みに私の愛犬メルは今年11歳になりますが、一度も血液検査をしたことがありません。しなかった理由の一つは私自身が臆病で悪い事を知ってしまうと心配で心配で胃潰瘍になってしまうからです。なので知らないでいいことは知らない方がいいと思っています。もちろん他に大きな理由はあります。私は自分の目で見える範囲でメルの健康を見ています。それは毎日の食欲と元気、便の状態です。そして絶対腸を冷やさない食事です。

は中を表し、中は外を表す。中に何か異変があれば食欲も元気も便の状態も変わるはずですので。なので先ほどのご相談内容はどうしても納得いかないのです。後は、毎日を如何に楽しく過ごすのか?週末には何処に遊びに連れて行こうか?そればかり考えて過ごしています。最後は苦しまず眠るが如くの老衰です。この13年間多くの子達と関わらせていただきました。残念な結果になった子達も数えきれないほどいました。反面元気に自身の力で回復した子達もたくさんいます。それもこれも飼い主様のお考え一つだと思います。そのお考えが良きご縁に繋がることを毎日祈っています。

ナノワンは健康の基本である腸の冷えを取り除く食事です。原因のわからないアルブミン低下はその子のこれまでの食生活や生活環境で大きく変わってきますのでアドバイスも異なります。是非一度、無料相談にご連絡ください。

初回無料相談ではアドバイスはさせていただきますが、商品のご注文は一切受け付けておりませんので安心してご連絡ください。

※ラクト・ラボでは決して強引な営業・しつこい勧誘など行いませんのでご安心ください。
今すぐ電話をかけて相談する

image-llkl-taiken-rei011年続いた下痢が止まらずアルブミンは1.1、死に至ると宣告。思い切って食事療法を決意したが獣医からはサプリメントで治るレベルではないと言われる。だが飼い主さんの強い気持ちが運命を変える。瀕死の状態から奇跡的に回復したミックス犬の体験記です。

image-llkl-taiken-rei01嘔吐をきっかけに病院へ、逆流性食道炎との診断で何種類かの薬を出されたタロちゃん、血液検査ではアルブミン1.9、タンパク喪失性腸症(リンパ管拡張症)と診断されるが悪化。アルブミンも1.7へ、そんな解決策もないタロちゃんが回復した体験記です。

image-llkl-taiken-rei01蛋白漏出性腸炎によるアルブミン1.7、リンパ腫であれば手の施しようがないと言われ内視鏡検査を言われるがままに承諾。勇気を出してラクトラボの坂田さんに電話した事で内視鏡検査を回避し健康を取り戻したトイプードルのももちゃんも回復体験記です。

image-llkl-taiken-rei01IBD(蛋白漏出性腸炎)と診断され、余命宣告まで受けてしまったボストンテリアのユリちゃん、それから薬漬けが始まり体重は半分、アルブミンは1.3、腹水、更に心臓まで悪くなっていく、既に後2週間の命と告げられる。そんな、薬害ともいえる状態から奇跡的に回復した体験記です。

image-llkl-taiken-rei01余命3週間と宣告され,診断結果は蛋白漏出性腸炎。アルブミン1.3、総蛋白2.9。毎年3回も血液検査をしていたトイプードルのぶらんちゃん。ナノワンと出会い薬を全て止め、アルブミン2.8、総蛋白6.4に回復した体験談です。

image-llkl-taiken-rei01何度も繰り返す下痢、骨が丸見えになる程の体重激減、リンパ拡張症、炎症性腸炎と診断。総タンパク3.8、アルブミン1.7、腹水も貯まり全身冷たく死んだような状態から回復したフレンチブルドッグの体験記です。

image-llkl-taiken-rei017才で急に始まったドロ状の下痢。ストレスの疑いに始まり、誤診による膵臓疾患、子宮の疑いによる開腹手術による子宮、卵巣の全摘、アルブミン0.9、最後はステロイドも効かなくなり打つ手がない状態。こんな状態から見事に回復した涙溢れる体験記です。

image-llkl-taiken-rei01健康診断を受け、TP4.1、アルブミン1.8と数値が悪く病院通いをすることになった。医者の言われるがままに通院するが最後は止まらない噴水下痢をするまでに悪化してしまう。飼い主の「絶対に病気じゃない!!」という信念がパイちゃんを改善させる原動力となった。